お客様を知る(KYC – Know Your Customer)

お客様を知る(KYC – Know Your Customer)

KYCとは、銀行やその他の金融機関が、現在および潜在的な顧客から識別データや連絡先情報を収集するために使用するプロセスを指します。その目的は、詐欺、マネーロンダリング、その他の不正行為、および金融口座の不正使用を防止することである。

米国では、2001年の米国愛国者法に基づき、銀行はKYCの利用を法的に義務付けられている。1989年、金融活動作業部会(FATF)は国際的な規模でマネーロンダリングと闘うために設立された。FATFは基準を設定し、マネーロンダリング防止(AML)の実践を通じてこの目標を達成するための勧告を提供している。加盟国や管轄区域は、AMLガイドラインに沿った様々な法律、規則、規制を施行する。KYCとAMLは、不正かつ犯罪的な金融活動の防止を支援する上で密接な関係にある。

KYC の慣行は通常、個人が顧客になる前に始まる。金融機関は口座を開設する前に、まず潜在的な顧客の身元を確認しなければならない。法的な確認基準はないため、このプロセスは各銀行によって異なる場合がある。

KYCプロセスで必要とされる本人確認書類には、以下のようなものがある:

  • 運転免許証/政府発行の写真付き身分証明書
  • パスポート
  • 社会保障番号
  • PANカード
  • 有権者IDカード

住所確認も必要です。申請者は、銀行の慣行によって異なる証明書類を提出することができる。例えば、公共料金の請求書、別の銀行やクレジットカード発行会社の口座明細書、リース契約書などがある。

顧客に口座を提供した後、銀行は定期的に記録を更新する必要がある。つまり、銀行との関係を通じて、断続的にKYC情報の提出を求め、顧客を「再認証」し続けるのである。また、顧客にリスク・レベルを設定し、顧客の取引が予想される行動と一致しているかどうかを監視する。

KYCの実践は銀行機関に限ったことではない。金融投資業界では、Financial Industry Regulatory Authority (FINRA) KYC Rule 2090に準拠したKYCプロセスを採用している。しかし、AMLの取り組みというよりも、こうしたKYCの実践は、投資会社が顧客のニーズをよりよく理解するのに役立っている。

暗号通貨取引所に関しては、ユーザーはKYCプロセスを完了する前にアカウントを作成できることが多い。しかし、このような非検証アカウントでは、機能が制限されている。

マネーロンダリングや金融詐欺を減らし、排除することは、KYC慣行の明確な利点である。特に銀行業界とその顧客にとっては、より複雑で時間がかかることになるが、その不便さを上回るメリットがある。標準化された慣行は、プロセスの合理化に役立つだろうが。

暗号通貨の分野では、デジタル通貨を使った不正行為が注目されている。それを減らすことは、暗号通貨とその評判にとって有益であることは間違いない。コンプライアンスには時間がかかるが、常に奨励されるべきである。しかし、データを安全に保つために必要なセキュリティ基準を企業が導入していることをまず保証しない限り、ユーザーは機密性の高い識別情報を提供すべきではない。

About the author
crypto

コメントする