アービトラージ(裁定取引)

アービトラージ(裁定取引)

裁定取引とは、異なる価格を利用する方法として、2つ以上の市場で資産を売買することである。例えば、トレーダーはある市場で特定の資産を買い、別の市場で同じ資産をより高い価格で素早く売ることができる。

裁定取引が存在する理由は、市場の非効率性にある。つまり、両市場がまったく同じ資産(または非常に類似した資産)を提供しているにもかかわらず、特定の資産が異なる場所で異なる取引価格を提示する可能性があるということです。

金融市場の文脈では、裁定取引はしばしば基本的な力と見なされる。それは、異なる市場が類似または同一の資産間で大きな価格格差を生むのを防ぐためである。したがって、裁定取引は小さな価格乖離に依存し、その結果、価格の収束を引き起こす傾向がある。この収束の速さは、市場全体の効率性の尺度として使用することができる。完全に効率的な市場では、各取引資産はすべての取引所でまったく同じ価格を持つため、裁定取引の機会はまったくない。

裁定取引が正しく行われれば、一時的な価格格差を利用するリスクのない方法と考えられる。しかし、取引ボットはあらゆる種類の市場で稼働しており、その多くは裁定取引の機会を利用するために特別に設計されていることに留意する必要があります。したがって、裁定取引は、戦略と実行によっては、いくつかのリスクを伴う可能性があります。

暗号資産市場において、裁定取引機会から利益を得る最善の方法は、ブロックチェーン取引に依存しないことである。例えば、トレーダーが2つの異なる取引所でビットコインを使った裁定取引を行いたい場合、そのトレーダーは両方のプラットフォームに口座を持つ方が良いでしょう。加えて、両口座とも、入出金の確認(ネットワークトラフィックによっては30分以上かかることもある)に頼ることなく、即座に売買できるよう十分な資金を確保しておく必要がある。

アービトラージ戦略には少なくとも10種類ありますが、トレーダーは、より伝統的な形態であり、純粋なアービトラージとして知られている、今説明したものを参照することがよくあります。この戦略は投機ではなく、市場の非効率性や価格格差の発見に依存しているため、低リスクの手法と見なされることが多い。

もう1つのあまり一般的でない方法は、合併裁定取引(またはリスク裁定取引)と呼ばれ、その名が示すように、資産価格に影響を与える将来の出来事に対するトレーダーの予想に依存する、投機性の高いアプローチである。これには例えば、企業の買収、合併、破産申請などが含まれる。

About the author
crypto

コメントする