マネーロンダリング防止(AML)

マネーロンダリング防止(AML)

マネーロンダリング防止法(AML)とは、犯罪者が違法にお金を稼いだり、不正な資金を移動させたりすることを防止するために設けられた法律や規制を指す広義の言葉である。多くの違法行為がAML法の対象となっているが、最も重要なものの中には、脱税、公共汚職、ウォッシュトレードなどの手法による市場操作などがある。

AMLの要件を定めるにあたっては、多くの政府機関や法律が役割を果たしている。米国では、証券取引委員会(SEC)や商品先物取引委員会(CFTC)といった機関が、ブローカー・ディーラーや先物取引業者がAML基準を設定するための一般的な情報リソースを提供している。

米国における反マネーロンダリング要件に貢献した法律には、1970年の銀行秘密法、1986年のマネーロンダリング規制法、2001年の米国パトリオット法などがある。

関連法が複雑なため、多くの金融機関は疑わしい活動を検出するためにAMLソフトウェアを使用しています。これらのソフトウェア・ソリューションは、顧客名と政府の禁止ユーザー・リストとの照合から、コンプライアンス維持に必要な記録の作成まで、幅広い機能を実行する。

AMLはKnow Your Customer(KYC)要件と密接に関連しており、基本的には顧客の身元や収入源を確認することが含まれる。KYCはまた、金融機関が継続的に利用者の活動を監視することを要求している。AMLと同様、最新のKYC手続きは高度に自動化されており、多くの金融機関は、新規顧客から適切な身分証明書を取得する機会として、顧客オンボーディング・プロセスを利用している。

AMLプログラムは暗号通貨の分野にも関連している。多くの暗号通貨取引所は、規制当局が暗号通貨市場をより重視するようになったため、マネーロンダリング防止法の遵守に向けて協調的な取り組みを行っている。というのも、コンプライアンスによってプライバシーが損なわれ、機密性の高い個人データを中央集権化されたデータベースに保管することで分散化のメリットが失われるからだ。しかし推進派は、ユーザーのプライバシーを確保しつつ規制要件を満たすソリューションが考案できると主張している。

暗号通貨エコシステムにおけるAMLとKYCコンプライアンスに関連する興味深い傾向の1つは、多くの取引所が、既存の規制ガイドラインの範疇に入らない場合でも、自主規制を行おうとしていることだ。場合によっては、自主規制の枠組みを構築することを目的とした業界団体を結成するために、企業が団結することさえある。このような自主的なコンプライアンスは、暗号関連事業者の将来の法的リスクを最小化すると同時に、暗号通貨が広く採用される可能性を高める。

About the author
crypto

コメントする