価値の保存 – Store of Value

価値の保存 – Store of Value

価値の保存という用語は、長期にわたって減価を回避できる資産の特性を表すために使用される。そのため、価値の保存とみなされるには、資産の価値が時間の経過とともに安定または上昇する必要があります。

優れた価値の保存は、その所有者が将来の日に、最初に買ったときと同じかそれ以上の価値で売却または交換することを可能にする。通常、この価値は資産の市場価格や購買力(貨幣価値)に関連している。しかし、場合によっては、資産の流動性(すなわち、売買のしやすさ)に関係することもある。

ほとんどの不換紙幣は、インフレ(ほとんどの場合、その通貨の流通量の急激な増加による)によって購買力が低下するという長い歴史を持っている。しかし、インフレの影響にもかかわらず、貨幣は多くの経済学者に価値の貯蔵の主要な例とみなされている。その理由はおそらく、購買力が非常にゆっくりとしたペースで変化するためだろう。また、貨幣は現在ある金融商品の中で最も流動性が高い。それでもなお、貨幣が優れた価値貯蔵手段であるというのは、かなり議論の余地がある。インフレやハイパーインフレが継続的に減価を引き起こしているからだ。

金、銀、その他の貴金属も、主にその希少性(限られた供給量)から、価値の貯蔵に適していると考えられている。また、物理的に劣化することなく、非常に長期間保存することができるためである。

ビットコインもまた、価値の保存に適していると考えられており、”デジタル・ゴールド “と表現されることもある。ビットコインは希少で破壊できない。コピーや二重使用(ダブルスペンディング)ができないデジタル形式のお金だ。これらは、ビットコインが時間の経過とともに価値が高まる傾向にある主な理由の一部です。しかし、そのボラティリティの高さと不安定な市場価格から、ビットコインは定義上、価値の貯蔵ではないと主張する人もいる。

About the author
crypto

「価値の保存 – Store of Value」への1件のフィードバック

コメントする