RWA(リアルワールドアセット)とは?爆上がりが予想される暗号資産(仮想通貨)銘柄を確認しよう。


Warning: Undefined array key "titleWrapper" in /home/c6754872/public_html/crypto-currencies.cyou/wp-content/plugins/seo-by-rank-math/includes/modules/schema/blocks/toc/class-block-toc.php on line 103

RWA(リアルワールドアセット)とは?爆上がりが予想される暗号資産(仮想通貨)銘柄を確認しよう

本稿では、RWA トークン化の拡大傾向とその意味するところを探ってみたい。本稿では、RWAトークン化の高まりとその意味を探る。まず、実物資産、デジタル資産、デー タベースの価値を含む実物資産とは何かを幅広く定義し、ブロックチェーンがこれらをデジタ ルトークンに分数化することをどのように促進するかを説明する。その後、アセット・トークナイゼーションのメリットについて考察し、不動産、コモディティ、知的財産、アート、旅行などの分野にわたるいくつかの業界事例とユースケースを検証する。

RWA(リアルワールドアセット)とは?‍

RWA(リアルワールドアセット)とは直訳すれば現実世界資産である。物理的、デジタル、データベースなど、ブロックチェーンの外部に存在することで価値を持つあらゆる資産を指します。RWAをトークン化することで、本質的にはブロックチェーン上に存在するデジタルツインを作ることになる。

ブロックチェーン技術と、物理的、デジタル、データベースのいずれであっても様々な価値あるアイテムをトークン化するその能力の最も魅力的な用途のいくつかを表しています。美術品や収集品から不動産、株式、商品、個人データまで、さまざまな有形・無形の資産を、RWAを表すトークンの発行を通じて、オンチェーンでデジタル的に表現できるようになりました。実世界の資産は、所有権を移転し、収益源を共有し、以前は非流動的または非商業的であった資産の流動性を高める斬新な手段を解き放つ。トークン化は、伝統的な資産クラスや金融市場を変革する大きな可能性を秘めている。

ステーブルコインは実世界資産のOGである。米ドルやユーロのような不換紙幣にペッグされたステーブルコインは、不換紙幣に代わる安定性と流動性を提供する。従来の通貨だけでなく、保険、株式、証券、国債、株式、株価指数など、他の金融資産をトークン化することも可能だ。オンチェーン化できる有形資産はかなり限られている。貴金属、原材料、農産物、不動産、美術品、音楽ライセンスなど、すべてトークン化の恩恵を受けることができる。

トークン化は、透明性の向上、流動性の増加、現実世界の資産へのアクセスの向上を提供することができます。さらに、分数化として知られるプロセスを通じて資産を分数に分割することで、多くの個人が価値の高い資産の一部を所有することができる。このような民主化は、エンゲージメントを促進し、小規模な投資家に力を与え、富の分配を拡大し、資産所有と投資ダイナミクスの状況を再形成する。

RWA(リアルワールドアセット)のメリット‍

  • 効率性: 実世界の資産をトークン化することで、高額資産の端数をデジタル取引所で24時間365日効率的に取引できるようになり、ブローカーをバイパスして迅速かつグローバルな取引がスケールアップして促進される。これにより、国境を越えた取引や収益・利益の自動再配分などのプロセスが合理化される。
  • 信頼: トークン化の主な利点は、今日の伝統的なクリアリングハウスやCSDのように、信頼できる第三者が清算機関として機能する必要がなく、現実世界の資産(トークン化されたフィアットと取引される)の原子的決済を可能にすることです。ブロックチェーン・プロトコルは、本質的なコンセンサス・メカニズムを通じて、取引において誰が最初に取引を行うかを容易にし、取引の信頼性と効率性を高める。
  • 透明性: ブロックチェーン上の公開された不変の記録は、資産の所有権と取引活動の完全な可視性を提供します。これにより、明確な所有権と出所を確立すると同時に、移転、先取特権、その他の詳細をオープンに追跡することで不正を防止します。
  • コンプライアンス: スマートコントラクトは、コンプライアンスのための規制要件やKYC/AMLチェックを自動化することができる。また、デジタルトークンは、統合ツールや公開台帳を通じて、税務報告義務の遵守をよりシンプルにする可能性がある。
  • コスト: 中間業者を排除することで、従来の取引手数料や文書化費用を削減できる。ブロックチェーンのコンセンサスを通じた継続的なトークン管理は、物理的な資産やレガシーな記録管理に比べて維持コストを削減できる。
  • 流動性: RWAs 資産の分数化により、流動性が高まります。RWAを表すトークンはいつでも容易に取引できる。この恒常的な取引可能性は、以前には不可能であった現実世界の投資に対する新たな流通市場を形成する。

RWA(リアルワールドアセット)の種類

ステーブルコイン

ステーブルコインは、通貨やコモディティのような指定された資産との相対的な価格安定性を維持するように設計されている。実際の例では、ステーブルコインは国境を越えた決済に使用され、アクセスできない人々のための銀行インフラとして機能し、世界中でますます人気が高まっています。Algorandにおけるステーブルコインの例は以下の通り: CircleのUSDCとTetherのUSDT。

不動産

不動産をトークン化することで、住宅や商業ビルのような資産の小数所有権を通じて、世界中の不動産に投資することができる。スマートコントラクトはテナントの支払いや不動産経費を管理し、トークン保有者に収益を分配することができる。Loftyは住宅やコンドミニアムなどの住宅用不動産、SliceSpaceはオフィスやコワークスペースなどの商業用不動産をトークン化している。

コモディティと貴金属

コモディティをトークン化することで、原材料や貴金属への新たな投資形態が容易になる。Meldは、金やその他の貴金属をブロックチェーン上でトークン化し、消費者がデジタル形式で現物の金を所有できるようにする。Agrotokenのようなプロジェクトは、農家が穀物をトークン化し、デジタル資産に変換することを可能にする。Originoのようなプラットフォームを使えば、あらゆる製品をトークン化し、サプライチェーンを通じて追跡することができる。

美術品と収集品

ブロックチェーンは、物理的な世界にも存在する一点ものの芸術作品、収集品、骨董品を表す非可溶トークンの作成、所有、移転を容易にする。これにより、デジタル証明力が付与され、希少性が保たれる。Artoryは、アートとコレクターズアイテムをオンチェーン化するプロジェクトである。トークン化することで、所有権の分割も可能になる。価値の高いアートは分数に分割することができ、投資コストを大幅に下げ、よりアクセスしやすくなる。

本と音楽

書籍、音楽、映画などの文化作品は、ブロックチェーン上のデジタルファイルとしてトークン化される大きな市場である。Book.ioのようなプロジェクトは、コンテンツの真の所有権を示す電子書籍やオーディオブックのRWA発行の先駆者である。Opulousを含む音楽プラットフォームは、クリエイターとファンにとって音楽の真の所有権を可能にするデジタル音楽RWAを鋳造している。文化資産のトークン化は、クリエイターのビジネスモデルを変革し、世界的なメディア消費を再構築する計り知れない可能性を秘めている。

知的財産

芸術家、作家、発明家は、その作品から将来得られる収益のシェアを表すデジタルトークンを発行できる。スマートコントラクトは、トークンや、ライセンス料や売上の定期的な分配を初期の支援者に割り当てることができる。例えば、ANote Musicでは、投資家は音楽カタログの印税のシェアに入札することができる。Dequency は、ミュージシャンが自分の作品の使用権を迅速かつ効率的に販売することを可能にし、すべての取引情報がオンチェーンで記録される。

車両

自動車、ボート、飛行機をトークン化することで、ブロックチェーンは車両のシームレスな保管移管に対応し、所有者が変わるたびにその出所を追跡することができる。トークン化によって、高級車、ヨット、プライベートジェット機の分数所有も容易になり、そのコスト、使用スケジュール、利益はスマートコントラクトに従って比例配分される。

給与と請求書

給与と請求書をトークン化するブロックチェーンアプリケーションが開発されている。これにより、自営業者や中小企業は、将来の収入源をローンの担保にしたり、一部を流通市場で売却したりすることができる。例えば、従業員は稼いだが未払いの賃金にアクセスでき、フリーランサーは即座に現金と引き換えに請求書を割り引くことができる。このようなプラットフォームは、歓迎すべき柔軟性をもたらし、通常であれば数ヶ月間アクセスできない可能性のある資本を開放する。

消費財

電子機器や高級品のような高価値の消費財をトークン化することで、分数所有と再販市場が可能になる。これは様々な形態が可能で、消費者はデバイスの長期的な使用に対してトークンを獲得したり、所有権の一部分を取引したり、中古品をオークションにかけたりすることができる。ブランドは、顧客ロイヤリティ・プログラムを促進し、エコシステム内の資産価値サイクルを維持するための新たな方法から利益を得ることができる。

RWA(リアルワールドアセット)はDeFiでどのように利用されているのか?‍

分散型金融(DeFi)アプリケーションの成長により、現実世界の資産を活用する新たな機会が生まれている。実物資産を取り入れることで、DeFiは伝統的な空間と暗号空間の架け橋となる包括的な金融システムへと成熟し、伝統的な金融機関と同様の投資を提供できるようになる。

  • 貸し借り: 一部のDeFiプラットフォームでは、トークン化された不動産、美術品、コモディティ、その他の資産を担保に融資を受けることができる。借り手はステーブルコインやその他のトークンを受け取り、貸し手は利息を得る。
  • インデックスファンド: DeFiは、単一のプール投資内でRWAトークンのバスケットへのパッシブ・エクスポージャーを可能にする。これにより、異なるトークンや資産クラス間でリスクを分散できる。
  • 資産管理: 自律型ファンド・プロトコルは、RWAトークンを取引することで資本を配備し、リターンの創出を目指すことができる。
  • リスクの少ない投資: RWAは暗号関連資産だけでなく、代替資産クラスへのアクセスをDeFiに付与する。不動産、コモディティ、美術品、その他の現物にリンクした資産タイプは、暗号ネイティブ資産よりもボラティリティが低い可能性がある。

RWAの資産はどのようにトークン化されるのか?

トークン化するものを選ぶ‍

価値を持ち、ブロックチェーンへのアクセスやトークン化の恩恵を受けそうな実物資産を特定する。どのような資産であれ、所有権、明確な所有権、評価、既存のパートナーシップなどの要素を考慮し、適切に吟味することが重要である。適切な資産であれば、トークン化によってアクセスや流動性が向上し、明確なバリュー・プロポジションが提示される。

規制当局の承認を得る‍

資産をトークン化し、トークンを所有できるようにする前に、コンプライアンス手続きを行い、関連する規制当局の承認を得ることが重要です。これにより、発行されたデジタルトークンが法的に認知され、執行されることが保証されるため、トークン購入者が法的地位のない資産の所有権を誤って取得するような事態を避けることができます。

ブロックチェーンの選択

次のステップは、資産を表すのに最適なブロックチェーンネットワークを選択することです。ブロックチェーンには、所有権シェア、取引、収支分配、資産管理を管理できるスマートコントラクト機能が必要です。

ブロックチェーン上にトークンを作成

デジタルトークンは、開発者によってプログラムされ、ブロックチェーンベースで実物アイテムの所有権を表すものになる必要がある。この時点で、トークンの標準、総供給量、端数所有単位や全所有単位などの分配モデルについて決定する必要がある。

トークンの発行

プログラムされテストされると、スマートコントラクトはデジタルトークンを鋳造し、選択されたブロックチェーン上の資産の株式を表し、現実のアイテムにリンクする基礎となる資産情報を含む。この情報は、デジタルトークンとオフチェーンアイテムを暗号的に結びつけるための写真や所有者の署名入り文書にすることができる。

Web3でトークンを取引‍

トークン化された資産は、一旦鋳造されると、分散型アプリケーションや暗号通貨取引所に上場され、交換することができ、小数所有とグローバルな流動性を可能にします。スマート・コントラクトは、リンクされたトークンがデジタル市場で取引される際に、カストディの移転や収益分配などのプロセスを自動化する。これにより、伝統的な経済とブロックチェーン・ベースの経済のギャップを埋めることができる。

爆上がりが予想される暗号資産(仮想通貨)銘柄

POLYTRADE(TRADE)

POLYTRADE(TRADE)世界をリードするRWAマーケットプレイス|ERC-6960規格の策定者 |マスターカード スタートパス・メンバー

x(旧ツイッター)アカウント

メインブロックチェーン:Ethereum

POLYMATH(POLY)

Polymathは、スマートなデジタル投資を容易にします。現実世界の資産をデジタル化するための機関投資家レベルのプラットフォームが1つにまとまっています。

x(旧ツイッター)アカウント

メインブロックチェーン:Ethereum

Wolf Wif(BALLZ)

WolfWifは、短期間で非現実的な宣伝効果を得た有望なプロジェクトと今のところ言える。

x(旧ツイッター)アカウント

メインブロックチェーン:Solana

Goldfinch (GFI)

グローバル・クレジット・プロトコル(GFI)は、ステーブルコインからの収入を提供する。この収入は実際の経済活動によって生み出されるもので、非常に興味深い。

x(旧ツイッター)アカウント

メインブロックチェーン:Solana

PROPY (PRO)

PROPY 不動産のRWAリーダー。スマートコントラクトで米国エスクロー認可 – 40億ドルTXs。不動産NFT発明者

x(旧ツイッター)アカウント

メインブロックチェーン:Ethereum

Credefi (CREDI)

CREDI 暗号資産の貸し手と借り手をつなぐプロジェクトで、DeFi経済の重要な問題を解決する。

x(旧ツイッター)アカウント

メインブロックチェーン:Ethereum

Oraichain (ORAI)

Oraichainは、人工知能に基づく世界初のオラクルとブロックチェーンのエコシステムである。

x(旧ツイッター)アカウント

メインブロックチェーン:Ethereum

StrikeX STRX

StrikeXは、人工知能に基づく世界初のオラクルとブロックチェーンのエコシステムである。

x(旧ツイッター)アカウント

メインブロックチェーン:BNB

Venus XVS

Venusは、アルゴリズムによる貨幣市場と合成ステーブルコイン・プロトコル。

x(旧ツイッター)アカウント

メインブロックチェーン:BNB

Maple MPL

Maple MPLは、分散型企業融資市場である。

このプロジェクトは、ネットワーク上で実施される透明性の高い融資を借り手に提供する。

x(旧ツイッター)アカウント

メインブロックチェーン:ETHEREUM

ELYSIA EL

ELYSIAは、実物資産のデジタル・トランスフォーメーションのための技術を提供することを目的としたDAOである。

プロジェクトは積極的に発展し、成功しつつある。

x(旧ツイッター)アカウント

メインブロックチェーン:ETHEREUM

About the author
crypto

「RWA(リアルワールドアセット)とは?爆上がりが予想される暗号資産(仮想通貨)銘柄を確認しよう。」への2件のフィードバック

コメントする