BRC-20とは?


Warning: Undefined array key "titleWrapper" in /home/c6754872/public_html/crypto-currencies.cyou/wp-content/plugins/seo-by-rank-math/includes/modules/schema/blocks/toc/class-block-toc.php on line 103

BRC-20とは?

BRC-20とは実験的なトークン標準であり、ビットコインブロックチェーン上でカジブルトークンの鋳造と転送を可能にする。Bitcoin Request for Commentの略で、イーサリアム(ETH)やEVMブロックチェーンネットワークのERC-20トークン標準に似ています。

BRC-20はどのように開発されたのか?

BRC-20トークンは2023年3月、Domoとして知られる匿名の開発者によって初めて提案された。BRC-20トークン標準の開発は、ビットコイン・ブロックチェーンの領域内で、可換トークンに対する需要の高まりから生まれた。ERC-20トークンはイーサリアム・ブロックチェーンで広く受け入れられているが、ビットコイン・ブロックチェーンとの互換性はない。

このギャップがBRC-20トークン創設の原動力となり、開発者にordinalsプロトコルを介してビットコイン・ブロックチェーンとシームレスに統合するカジブル・トークンを生成するカスタマイズされたソリューションを提供することになった。

ordinalsプロトコルは、satoshis(sats)に番号を付けるためのシステムであり、”inscription “として知られるプロセスで、ユーザーがsatoshisに追加データを添付することを可能にする。このデータはトークンの価値を表したり、トークンの所有者や有効期限など他の情報を保存したりするのに使われる。

BRC-20トークンは現在実験段階にあるが、ここ数カ月で大きな注目を集めている。その理由のひとつは、NFT(non-fungible tokens)としての潜在的な価値と、ビットコインのブロックチェーン上での基盤があるからだ。

NFTはデジタルアートや収集品、その他の貴重品の所有権を示すために使われることが多い。

BRC-20トークンであれば、不動産や自動車などの有形物の所有権を象徴するために利用できる可能性がある。また、シリアル番号のような物理的なアイテムに関する情報を保存したり、領収書として機能させることもできる。

BRC-20トークンがビットコインのブロックチェーンに組み込まれているという事実は、トークンに安全性と永続性を提供する。この側面は、重要なデータを安全に保管する方法を求める企業や個人にとって魅力的だろう。

しかし、BRC-20トークンをめぐっては、「次の大物だ」と冗談を言う人もいれば、「詐欺だ」と切り捨てる人もいるなど、ミーム化も起きている。

BRC-20トークンの将来はまだ不透明だが、もし彼らがこの先の障害に取り組めば、開発者や企業にとって貴重なリソースとして浮上する可能性がある。

BRC-20トークンの機能とは?

BRC-20 トークンを生成するには、トークンに関する重要な情報を保持するスクリプト・ファイルを作成することから始める必要があります。この情報には、トークンの名前、シンボル、総供給量などの詳細が含まれます。その後、”ordinals registry “と呼ばれるビットコインのブロックチェーン上の特別なアドレスに、必要な量のビットコインを投入する必要がある。

このビットコインの入金が完了したら、ordinalsレジストリにトランザクションを開始することで、BRC-20トークンを存在させることができる。このトランザクションには、トークンのすべての重要な情報を含むスクリプトファイルを運ぶ必要がある。

トランザクションが確認されるとすぐに、BRC-20トークンが作成される。その後、トークンを他の人に送ったり、さまざまなアプリケーションで使用することができます。

BRC-20の長所と短所

長所

BRC-20トークンは、ビットコイン・ブロックチェーンと効果的に調和する新たなトークン標準である。BRC-20トークンは多くの有望な利点をもたらします。

比類のないセキュリティと分散型構造で知られるビットコイン・ブロックチェーンの基盤上に構築されたBRC-20トークンは、高レベルのセキュリティを確立し、詐欺行為から保護します。

特筆すべきは、これらのトークンが交換可能で多様な価値を交換的に表現できることを意味する、ファンギビリティの原則に準拠していることです。

この固有の適応性は、ロイヤリティ・プログラムやクラウドファンディング・プラットフォームを含む(ただし、これらに限定されない)多様なアプリケーションの最有力候補として位置付けられる。

さらに、BRC-20トークンは、ビットコインネットワークにリンクされた異なるウォレット間でスムーズに送受信できる能力を意味する、移転可能性を有している。この固有の機能により、ユーザーの利便性が保証され、多様なユーザー層が幅広くアクセスできる。

BRC-20トークンに関連する取引手数料はビットコインで決済されることは注目に値する。このコスト効率の高い特性は、合理的な取引を求める企業と個人の両方に対応する経済的な選択肢となる。

BRC-20トークンは、ロイヤリティ・プログラム、クラウドファンディング・プラットフォーム、非中央集権的な取引所などの用途に汎用性があり、さまざまな課題に対応する適応可能なソリューションであることを明らかにしています。この実用性の広さは、多様なシナリオで多機能な道具として機能する可能性を強調している。

短所

とはいえ、BRC-20トークンには潜在的なリスクが伴うことを認識することが重要です。これらのトークンは、まだ開発の初期段階にある技術であるordinalsプロトコルの基盤上で動作する。つまり、技術が進化するにつれて不具合や脆弱性に遭遇する可能性があるということだ。

もう一つの考慮点は、スケーラビリティの側面にある。ビットコインのネットワークは堅牢ではあるが、イーサリアムのような他の著名なブロックチェーンのようなスケーラビリティはない。これは、BRC-20トークンが広く普及した場合、混雑の懸念につながる可能性がある。

さらに、BRC-20トークンはERC-20のような他の確立されたトークン標準と同レベルの広範な支持を集めていないことも注目に値する。このようなサポートのばらつきにより、より広く受け入れられているトークンに比べて、これらのトークンを受け入れるウォレットや取引所の数が限られる可能性があります。

BRC-20トークンとERC-20トークンの主な違い

BRC-20トークンとERC-20トークンには大きな違いがあり、注意が必要です。

まず、ERC-20 トークンはイーサリアムブロックチェーン上で動作しますが、BRC-20 トークンはビットコインブロックチェーン内にホームを見つけます。

ビットコイン・ブロックチェーンと比較すると、スケーラビリティの点ではイーサリアム・ブロックチェーンがリードしている。しかし、ビットコイン・ブロックチェーンはセキュリティとその分散型設計の点で輝いている。

もう一つの相違点は、スマート・コントラクトの適用にある。BRC-20トークンはスマートコントラクトを採用していないが、ERC-20トークンは積極的に活用している。スマートコントラクトはブロックチェーン上で動作する小さなデジタルアシスタントのようなもので、取引やその他のさまざまなタスクを自動化することに長けており、プロセスに効率化のレイヤーを追加する。

さらに、BRC-20トークンの生成プロセスでは、ERC-20標準に依存するERC-20トークンとは対照的に、ordinalsプロトコルが利用される。ordinalsプロトコルは、トークン生成の新しい強化された方法として際立っています。

結論

考慮すべき点は、スケーラビリティの範囲にある。ビットコイン・ブロックチェーンは印象的なセキュリティ機能を誇るが、イーサリアム・ブロックチェーンほど適応性が高くないことを認識することが重要だ。

この違いは、BRC-20 トークンを大規模に展開しようとする際に複雑さをもたらす可能性がある。

About the author
crypto

「BRC-20とは?」への1件のフィードバック

コメントする