コインベースウォレットデモ

コインベースウォレットデモ

コインベースウォレットのデモです。英語と翻訳をメモ

スマートウォレットは、オンチェーンのオンボーディングをより速く、より簡単に、より安全にするのに役立ちます。最近のETHDenverの講演でその方法を学んでください。

以下x(旧ツイッター)

翻訳

ようこそ。ようこそ。私はcoinbase walletのプロダクトマネージャーです。昨日、開発者プレビューを発表しました。昨日、開発者プレビューを発表しました。皆さん、その発表をご覧になりましたか?そうでない方は、今日そのすべてを学んでください。スマートウォレットはお客様に 10秒でチェーンに乗る方法を提供します。リカバリーフレーズもシードフレーズ管理もなく、エコシステム内のすべてのアダプターに完全に分散され、統合も超簡単です。では、飛び込みましょう。

ウォレットの未来をどのように一緒に築いていくかについてお話ししましょう。デベロッパーやアプリ開発者の皆さんと一緒に未来を作りたいと考えています。デベロッパー・プレビューのデモを少し行い、その後質疑応答やディスカッションを行います。エンジニアリング・チームから素晴らしいメンバーが集まっています。技術的な質問があれば、coinbaseのシャツを着たスタッフがお答えします。特に良い質問があれば、私たちはいくつかの賞品も用意しています。さて、私たちはどのようにウォレットの未来を一緒に作っていくのでしょうか?私たちの使命は、最も簡単で最速のものを作ることです。今すぐ10億人のユーザーをチェーンに参加させ、10億人のユーザーをチェーンに参加させる。私たちは、今いる場所よりもずっと良くなる必要があります。ここ2、3年で状況は大きく改善されましたが、人々をチェーンに参加させるのはまだ難しすぎます。今、もし誰かが彼らの亜種をもっと所有しようとしたなら、彼らの友達は少しでも技術的な友達だけだ。暗号について何も知らない。それは簡単なことではない。理解しなければならないことがたくさんあって、ほとんどの人は、良いことにたどり着く前に半分くらいで諦めてしまう。では、どうすればお母さんでもチェーンに乗れるようになり、「すごい。わあ。とても簡単だった。私は何を恐れていたんだろう……今日、チェーンに乗るのは難しすぎる。旅の始まりから、さまざまな苦痛があるんだ。例えば、あることを聞いたとする。これは何だ?このゲームは何?ウォレットについて学び、製品体験からウォレットをダウンロードして始める必要がある。それから、シーンフレーズを管理するシードフレーズについて学ぶ必要があります。それは何ですか?認知的負荷が高く、非常に馴染みのない概念です。その後、親権を販売するために資金をオンランプする必要があります。そのため、コインベースや取引所に暗号を持っていたとしても、それをセルフ・カストディ・ウォレットに移すという橋を渡る必要がある。でも、初めてビットコインをあるアドレスから別のアドレスに送ったときは、超不安だった。文字が足りないんじゃないか?ちゃんと届くのか?10分も待たされた。とてもスムーズとは言えません。最後に、いったん資金を調達すると、鍵を失くしたり、詐欺にあったり、釣り上げられたりすることを心配しなければならない。これは大きな問題です。私たちは毎日目にしていますし、そのようなことがあった後でも、もしあなたが真新しいユーザーなら、ガスを理解するのは本当に難しいことです。今日ここにいる人は、ガスの仕組みを理解しています。でも、「このトークンはもう持っている。なぜ別のトークンが必要なんだ?何か資金を調達するために。あなたのもの。これはひどい。では、どうすればそれを改善できるでしょうか?私たちは、新しいスマートウォレットでこれまで以上に簡単にすることができます。コンテキストのWebベースの財布は、これまで疑いを離れることなく、10秒以内に生成されます。パス・キー・ベイ署名は、人々がただ、回復フレーズについて考えることさえなく、彼らのキーを保護するためにバイオメトリクスのような一般的な方法を使用することができます。後で詳しく説明しますが、コインベースの残高を利用して直接支払うことができます。シードフレーズを抽象化することで、ウォレットの安全性が保たれ、最後に、スマートウォレットとアカウント、抽象化によって、ガスで素晴らしいことができるようになります。簡単ですか?楽観的か?目的地に行くために必要なものを正確に持っているか。

さらに。

残高の携帯性は、私たちの新しいスマート・ウォレットの大きな特徴です。つまり、スマートウォレットを作るだけで スマートウォレットを作成するだけで、エコシステム内のどのダップでも残高を持ち運ぶことができ、いくつかの組み込みウォレットのように固定されることはありません。1つにつき1つであるところ、これは何千ものDappsで初日から利用できるようになります。ウォレットSDKとの超簡単な統合により、リカバリーが可能になります。そして、専用のフルスクリーン残高管理があります。ポータルは、あなたのすべての資産の取引のパノラマビューを提供し、さらに。

このように、私たちは今日のユーザー・ジャーニーを劇的に短縮することができます。人々は、取引所でウォレットから始めるかもしれませんが、将来的にはもっとエキサイティングなユースケースを持つようになるでしょう。新しいクールなゲームをチェックしに行こう。ハン・シェーンについて聞いたんだけど、新しい取引サービスとか、学校のNFTについて聞いたんだけど……次のブル・ランがどんな素晴らしいユースケースなのかさえわからないかもしれない。だから、人々は自分のやりたいユースケースの文脈でジャーニーを始めることになる。

今日のジャーニーは超難しい。コンテキストの中でスタートし、コンテキストの外からアプリストアに連れて行かれ、たぶん財布の調査をする。まず、クロームストアに行かなければならない。アップルのアンドロイドは、私の財布を取得し、オンボーディングフローを通過し、それがどの財布であるかによって、それはかなり長く、困難な場合があります。その後、資金調達の方法を考えなければならない。手数料を払うか、他の取引所から暗号通貨を入手するか、もしやる気があれば、この巨大なセキュラス・ルートからダップに戻り、5ステップ後に最初に始めたことをする方法を見つけるかもしれない。明日の世界では、あなたはダップへ直行し、ウォレットを作成する。10秒で始め、探索し、取引する。

それはとても簡単なことです、

ビデオは千の言葉を語ります。そこで、すべてを語る代わりにデモをご覧いただこう。どうぞ。ウォレットを持っていないので、接続をクリックして、ウォレットを作成します。パスキーを使い、デスクトップではChromeプロファイルのようにChromeを選んだ。ドカンと10秒。dabに接続完了。準備完了。

この場合、私のガスはbaseがスポンサーになっている。取引のプレビューを見ることができる。それで、私は魚や詐欺に遭っていないことがわかる。

そして私の取引は完了した。回復フレーズなし。サードパーティのインストールもない。私の残高管理ポータルがチェーン上にある間、それを生成するために少し時間を与える。

そして数秒後、私のNFTを見ることができる。30秒で、何もしていない状態からNFTが表示されたのだ。もう1枚、造幣したい。もうブリーじゃないけど、財布にパンがないんだ。さて、どうでしょう?coinbaseのアカウントに接続できた 標準的なログインメカニズムを使って 2faを通過して

イーサリアムの残高を、リテールアカウントから、coinbaseアカウントから、チェーン上で使うことができる。私は何も持っていない状態から

取引された資金が入金された口座がある。Nftを鋳造して、もう大丈夫だ。どうやって資金を調達するか考える必要さえなかった。

ミントは見える。そして、今日このフローを通ると、本当のテストができないので、シンポリアのイーサリアムもエアドロップします。coinbaseの口座から資金を引き出し、実際のcoinbaseの口座にリンクします。通常のフローに進みます。テスト用のヘッドフォンをエアドロップしますので、試してみてください。このように、超簡単で、長いデモではありません。このようなことができるのです。だから、これは未来なんだ。

それでは、ボンネットの中身について少しお話ししましょう。

私たちは4337を搭載しています。つまり、アカウント、抽象化が可能で、437の優先順位では、いくつかクールなことができましたが、ウォレットを超シンプルにするという点では、ゴールデンタイムにはまだ早かったのです。NBCとeoaウォレットでは、バッチ・トランザクションやアカウント・リカバリ、マルチステート・セキュリティといったことができるようになりましたが、パズルのピースがまだたくさん欠けています。現在では、eoa以外の署名者も利用できるようになり、ジャスト・イン・タイムの口座評価、ウェブベース、コンテクスチュアル・トランザクション、さらに口座の抽象化、高度なセキュリティ機能のような素晴らしい他の機能のアンロックが可能になりました。そのため、マルチシグの時間ロックされた資産や、XYZが発生しない限りこれを行わないというパラメータを設定することで、資金を保護することができます。セッションキーのような使いやすさと便利な機能。例えば、あなたがゲームをプレイしていて、トランザクションが発生するたびに署名する必要はないとします。どのような抽象化によって、特定のサイトに対して、特定のポジションのリカバリー・オプションの中で、特定の値の下で署名を行うことができるようになるのでしょうか。ソーシャル・リカバリー、マルチデバイス・リカバリー、コインベース・リカバリー、トランザクションをバンドルした高度なワークフローなどだ。こうすればこうなる、ああすればこうなる、といった高度な取引や、マスター・サポートやガス・クレジットの支払いも想像できます。つまり、ユーザーのガス代を支払って、彼らが素晴らしい体験をできるようにしたいのであれば、それもアカウント抽象化によって可能になるのです。私たちはWeb Authen、標準パス・キーを使用しています。これにより、ユーザーがより多くのパスワードを開くことを期待する一方で、リカバリ・フレーズを心配することなく、セキュアなデバイスを使用した極めて安全なセキュリティ態勢を維持したまま、ユーザーにパスワードを提供することができます。これは、業界の巨人たち、グーグル・アマゾン・ユビコもこれに貢献し、ファイドーも確立した、超セキュアでありながら、人々はもうパスワードを必要としない標準です。だから

電子メールのような今日よりも簡単。パスワードやパスワード・マネージャーはまだ必要だ。バイオメトリクスを使うだけで、ポートプロファイルに登録され、すぐに使える。また、デバイスの垣根を越えて利用できる。例えばiCloudを使っている場合、Macでも使えます。携帯電話でもフェイスIDやウォレットを使うことができ、異なるデバイス間でウェブベースで利用できる。また、eip7212にも対応しており、これは近々ベースとなる予定です。それはどういう意味ですか?基本的には、ガス料金やパスキー関連の取引がさらに安くなるように、事前にサポートをコンパイルする必要があります。

coinbaseのウォレットSDKを通じて配布され、すでに何千ものDappsに統合されているので本当に素晴らしい。彼らはバージョンを上げるだけでいい。エコシステムのどこにでもウォレットを持ち運ぶことができる。wagyやrainbow kitの主要なウォレットツールキットとも互換性があります。つまり、コインベースのウォレットSDKと独自に統合されたアプリだけでなく、どのようなデータにも対応しているのです。これらのツールキットのいずれかを使用しているアプリも、箱から出してすぐに使えます。複雑なAPIの移行は必要ありません。だから、その必要はない。もしあなたがアプリ開発者なら、深い設定やユーザーのUI管理などを心配する必要はありません。このアプリにアクセスすれば、あなたのdabに素敵で大きな無料ウォレットボタンを設置する方法をお教えします。数秒でユーザーを獲得でき、エコシステム全体でポータブルになります。これはとても大きなことだと思います。シングルサインオンやウェブ3では、異なるパスワードやウォレットは必要ありません。チェーンの垣根を越えて、coinbaseのウォレットを1つ使うだけです。dapにサインインすれば、すぐに使えます。技術的な面では、もうひとつのクールな特徴は、チェーンをまたいだ取引の再生が可能なことです。通常、カウンターストラクトのアカウントで難しいのは、所有者を変更したい場合、例えば署名者を追加したり、アカウントにアクセスできるデバイスを追加したりする場合です。チェーンIDを渡す必要があり、プリント・アクションを実行しなければならない。ウォレットを使いたい各チェーンに対して。それを全チェーンで自動的に再生できるようにする特別な操作があります。そのため、一度オーナーを変更すれば、次の取引時に異なるチェーンでオーナーを変更することができます。これはすでに導入されています。そのため、ユーザーとの摩擦が激減し、意識する必要がなくなります。パス・キーを追加するか、新しいオーナーを追加するだけです。

そして最もエキサイティングな機能のひとつが、coinbaseの残高で使うというものです。デモですでに少し見ていただけたと思いますが、これはweb3に資金を投入する際の摩擦を劇的に減らす方法です。 繰り返しになりますが、スワップ取引を始めるのに資金は必要ありませんし、上乗せする必要もありません。必要な資金がすべて揃っているのであれば、足りない資金を補う必要はありません。ほんの少しのガスcuz多分物事が弾けて、それは今日それをロックされていません。ただ、この種類を楽しんでください。イーサリアムから始めていますが、その後、より多くのアセットとさらに多くの支払い方法に拡大していきます。将来的には、デビットカードを使ったり、銀行口座を使って直接オンチェーン取引ができるようになります。

これは顧客にとって大きなアンロックです。デベロッパー・プレビュー期間と今日のライブ内容について少しお話します。今日から、ウォレット、作成コネクション、署名、様々な取引タイプを試すことができます。また、トランザクション・プレビューやアダプト・ブロック・リストなど、いくつかのセキュリティ機能も備えています。専用のフルスクリーンもあります。コンパニオンポータルは、今のところ、あなたのすべてのものを見ることができます。これはテスト用のネット資金と取引だけですが、将来的にはすべてのNFT、D5ポジション、さまざまな素晴らしいものを見ることができ、coinbaseでの支払いも可能になります。流れを見て、ユーザーがどれだけ簡単にアンロードできるか見てください。

興味があるなら、どうやって接続するんだ?SDKをバージョン4.0.0にアップデートするだけです。すぐに始めたい方は、ご覧の通りです。差し込むのは数行だけです。また、あなたのdapがEIP1271に準拠していることを確認したい。これにより、アカウント抽象化されたウォレットからの署名を受け付けることができるようになります。今すぐテストのためにローカル拡張機能を無効にしますか?SDKはcoinbaseウォレットエクステンションと新しいスマートウォレットの間で動作します。テストしたい場合は、ローカル拡張機能をオフにしてください。そして、私たちの設定を使って、あなたのアプリにウォレット作成ボタンを追加し、数秒でウォレットを作成できるようにする方法をお教えします。coinbaseでの支払い機能を有効にする方法を一緒に考えましょう。コミュニティは、これが普遍的に採用される標準であることを確認する。しかし、スマートウォレットであれば、モーダルをポップすることができます。私たちは皆さんのフィードバックを求めています。開発者プレビュー期間の最大の目的は、皆さんと一緒に何がエキサイティングか?これを作るには何が必要ですか?ユーザーに提供できる最も素晴らしいもの。そうすることで、メインネットの立ち上げに向けたロードマップが調整され、あなたにとっても、あなたのユーザーにとっても、次のチェーンを手に入れるために最も素晴らしい製品を提供することができるのです。ですから、私たちと一緒に構築していただきたいのです。Forecaster Channelというコインベースのウォレットがあります。GitHubリポジトリも公開しています。テストネットのデモはフォーク可能です。自分で遊ぶことができます。スマートウォレットは私たちのレポジトリのひとつなので、私たちのコードをチェックして、気に入ったら教えてください。もし気に入らなければ、私たちが監視します。対応します。一緒に働きましょう。チーム全員がここにいる。私たちはこれを次世代のものにしたいし、次はメインネットだ。このQRコードをスキャンしてください。このQRコードをスキャンするだけで、ウォレット、携帯での作成、今私がやったことすべてを実行することができます。私たちの素晴らしいテクニカル・チームのメンバー全員がここにいるので、それを私たちに送ってください。一緒に次の10億のチェーンを手に入れよう。

ありがとうございました。

英語 原文

All right. Welcome, welcome. My name is Jeff hinojosa, I’m with coinbase wallet. I’m a product manager and I’m super excited to talk to you today, about our brand new smart wallet, which we announced our developer preview. Testnet period yesterday. Everyone see that announcement? If not You’ll learn all about it today. Smart wallet, gives customers. A way to get on chain in 10 seconds created wallets, no pass Keys. No, I mean, no recovery phrase, no seed phrase management and it’s fully distributed to all adapts in the ecosystem and super easy to integrate. So, let’s dive in.

So we’ll talk about how we’re going to build the future of wallets together. We want to build the future while it’s together with all the developers and app developers out there, it’s a team effort what’s under the hood. We’ll do a little demo talk about what’s live in our developer preview, period and then we’ll have plenty of time for some Q, a discussion. We have all of our awesome team here from the engineering team. If you have any super technical questions, all the folks in the coinbase shirts face shirts, will be here for you. We got some swag if you have especially good questions as well. So, how are we gonna build the future of wallets together? Our mission is to create the easiest and fastest. Experience to bring a billion users on chain now, to bring a billion users on chain. We need to be way better than where we’re at today. Things have come a long way in the last couple years, but it’s still way too difficult to get people on chain. Now, if anyone’s ever tried to own more their variants, their only friends even slightly technical friends. That don’t know anything about crypto. It’s not easy, right? There’s a lot of things they need to understand and most people give up about halfway through before they even get to the good stuff. So how do we make it better so that even your mom can get on chain and feel like. Wow. That was so easy. What was I afraid of Well, today, it’s just too hard to get on chain. There’s a ton of different pain points even from the start of your journey. Say you go to adapt that you hear about something. Cool, what’s this nft? What’s this game already? You need to learn about wallets, download a wallet go out of the product experience to get started. Then you need to learn about seed phrases managing scene phrases. What is it even? Very unfamiliar concept with a high cognitive load. After that, you need to on-ramp funds to sell custody. So even if you have crypto and coinbase or in exchange, you need to cross this bridge of moving it into a self-custody wallet, which I don’t know about you all. But the first time I sent Bitcoin from one address to another I was super anxious. I’m like, what do I have a character missing? Is it going to get there? Gotta wait, 10 minutes. It’s not, it’s not super smooth. Lastly, once you’re funded, you have to worry about losing your keys or getting scammed and fished, which is a huge problem. We see every day and then after all that, you know, if you’re a brand new user understanding gas is still really difficult everyone. Who’s here today, we understand how gas works. But I see all the time feedback of, hey, I already have this token. Why do I need another token? Just to do something that funds. Your stuff. This is terrible. So how do we make that better? We can make that easier than ever with the new smart wallet, instead of while it downloads that exit the product experience. In context web-based wallets generated within 10 seconds without ever leaving the doubt. Pass Key Bay signing allows people to just, never even think about recovery phrases and use common methods, like Biometrics in order to secure their keys. We can draw upon their coinbase balances to pay directly, which I’ll go in depth on later, which is super slick. So, abstracting the seed phrases keeps your wallet secure and lastly, smart wallets and account, abstraction enable us to do great things with gas where you can pay gas and all sorts of different tokens not have to worry about. Do I have ease? Do I have optimism? Do I have exactly what I need to get where I’m going.

Additionally.

Balance portability is a huge feature of our new smart wallet. So, Just by creating the smart wallet. You’ll be able to take those balances across any dap in the ecosystem and not be locked in as with some embedded wallets. Where it’s one per, this is going to be available on day one across thousands of dapps. Ability to recover super easy integration with the wallet SDK, which will go into deeply as well. And there’s a dedicated full screen balance management. Portal to give you a panoramic view of all your assets transactions, and even more

So we can drastically shorten the user’s Journey today. People start, you know, maybe they start on the exchange to start with a wallet, but really in the future has more exciting use cases of origin, no one’s going to wake up thinking hey I really need to get a wallet today, right? They’re going to think oh I want to go check out this new cool game. I heard about Han Shane oh I heard that about this new trading service or the school nft we might not even know what awesome use cases the next bull run come out. So people are going to start their Journey in context of the use cases that they want to do.

The journey today is super difficult. I start in context, I get taken out of context to an app store, maybe do some wallet research. First, then I have to go to a chrome store. Apple Android get my wallet, go through an onboarding flow, and depending on which wallet it is that can be pretty lengthy and difficult. After that, I still need to figure out funding. A fees or get my crypto on from another exchange and if I’m super motivated after all that, maybe I find my way of this huge Securus route back to the dap to do what I originally started to five steps later. In the world of tomorrow, you’re going to go straight to the dap, create your wallet. In 10 seconds, start, exploring and transacting, it’s going to be that easy.

And with that,

Video speaks a thousand words. So instead of telling you all about it we’re gonna hit the demo. Go ahead. So here I’m on a example dap and say, I don’t have a wallet, I click connect and right there I can go ahead and create my wallet. I’m using a pass key and on desktop I chose Chrome like Chrome profile. Boom, 10 seconds. I’m connected to the dab. And I’m ready to go.

Now I go to mint and in this case my gas is sponsored by base. I can see my transaction preview. So I know I’m not getting fish or scammed by the staff sign with my passkey.

And my transaction’s complete. No recovery phrases. No third-party installs. My balance management portal and give it a little time to generate while it’s on chain.

And within seconds, boom, I can see my nft. It’s minted 30 seconds, I went for nothing to having an nft. I’d say, I want to mint, another one. It’s not Brie anymore, but I don’t have any buns in my wallet. Well, guess what? I’m able to connect my coinbase account Using our standard standard login mechanisms, I go through my 2fa.

And now, I can use my ethereum balance from my retail account, my coinbase account on chain without ever having to put it into my self-custody wallet just in time, funded within a minute. I’ve gone from having nothing.

To having a transacted funded account. Nft minted, I’m good to go. Didn’t even have to think about how to get my funds from one place.

And I can see mint. And if you go through this flow today, we’ll also airdrop you some sympolia ethereum because it’s not pulling real test. Net funds from the coinbase account and Link your real coinbase account. Go through the flow like normal. We’ll just airdrop you some test headphones, so you can try it. So as you can see, super easy, Not a long demo because it doesn’t take a long time. To do any of this stuff. So this is the future, we’re super excited about it.

So, let’s talk a little bit about what’s under the hood.

So, we’re 4337 powered, meaning, it’s account, abstraction enabled and priority at 437, there were some cool things you could do, but you know, it wasn’t quite ready for prime time in terms of making wallets super simple. So with NBC and eoa wallets, we could do things like batch transactions, account recovery multi-state security, but we’re still missing a lot of pieces to the puzzle. Today, we can do non-eoa signers, which also enable us to do just-in-time account appreciation, web-based, contextual transactions, Additionally account, abstraction unlocks awesome other capabilities, like Advanced security features. So think multi-sing time locked assets or putting in place parameters won’t do this unless XYZ happens so you can protect your funds. Ease of use and convenience features like session keys. So say you’re playing a game and you don’t want to have to sign every transaction that happens. What kind of abstraction unlocks the ability to give capabilities to certain sites to just go ahead and sign under a certain value within a certain position recovery options. Like social recovery, multi-Device recovery, even potentially coinbase-based recovery Advanced workflows bundling transactions together. You can imagine, you know, if this then do this, then do that and some awesome Advanced trading and also pay Master support and gas credits. So if you want to pay for your users gas, to make sure they have a great experience, that’s also something enabled by account abstraction. We’re using the web authen, standard pass Keys, which enable us to give users while they expect more passwords opens, and not worry about recovery phrases while still having an extremely secure security posture using the devices secure on. So this is a standard adopted by, you know, a lot of the industry Giants, Google Amazon ubico contributed to this and Fido established, super secure, but also People don’t even need passwords anymore. So,

Easier than today of like email. And I still need a password or password manager. You just use your Biometrics and you’re in your port profile and you’re good to go. It’s also cross device available. So say I’m using my iCloud I can use it on my Mac. I can use it on my phone with my face ID and my wallets available to me web-based across different devices. Um, it’s also eip7212 ready and that’s coming to base soon. So what does that mean? Basically, you have to pre-compile support so that gas fees or pass key related transactions are going to be even cheaper.

It’s distributed through the coinbase wallet SDK, which is really awesome because it’s already integrated within thousands of dapps that. All they have to do is bump their version. You can take your wallet with you anywhere in the ecosystem. It’s also compatible with wagy, rainbow kit main wallet toolkits. So it’s not just apps that have uniquely integrated with the coinbase wallet SDK, any dat. That’s using one of these toolkits is also ready to go out of the box. There’s no complex API immigrations required. So you don’t have to. Really, if you’re a app developer, you don’t have to worry about deep configurations, managing a user’s UI, anything like that again, bump your version. You have access to this and we can show you how to put a nice, big free wallet button on your dab. Get users while it’s within seconds and again portable across the ecosystem. We think this is huge. I think single sign-on or web3, you know, you don’t need a bunch of different passwords, a bunch of different wallets. Uh, you know, across chains, you just take your one coinbase wallet. Any dap sign in, you’re good to go. Another cool feature on the technical run is replayable, cross chain transactions. So one challenge with the counter-Stracted accounts typically is if you want to change owners, say I want to add a signer or, you know, add an additional device that can access the account. I would have to pass a chain ID, which means I have to execute that print action on. Each chain that I want to use the wallet. We have a special operation that enables that to be replayed, automatically across all the chains. So you can change your owner once and then upon your next transaction on different chains. It’s already in place. So this drastically reduces the user friction and keeps it out of mind. You just add your pass key or add your new owner.

And one of the most exciting features is spend with coinbase balance. You already saw this a little bit from the demo, but this is a way to drastically reduce friction for people on ramping funds into web3. Again, you don’t need funds to get started to do a swap to do a transaction, you don’t need to top up. If you have all the funds you need except you’re missing. Just a little bit of gas cuz maybe things are popping and it’s not rocking it today. Just enjoy this kind. As long as that’s funded, we’re good to go, we’re starting with ethereum, but then we’ll expand to more assets and even more payment methods. So in the future, you’ll also be able to say use your debit card or use a bank account to do on-chain transactions directly, which is a huge unlock for customers.

So that’s a bit of what’s under the hood. And I’ll talk to you a little bit about our developer preview period and what’s live today. Today, you can go ahead and try out wallet, creation connections signing, for all the various transaction types. We also have some security features in place, including transaction preview and adapt block list. We have the full screen dedicated. Companion portal to be able to see all your stuff for now. That’s just your test, net funds and your transactions, but you can imagine down the road, you can see all your nfts, your D5 positions, all sorts of awesome things and being able to pay with coinbase, using the testnet faucet for now, so you can link up your live coinbase accounts. Go through the flow, see how easy it is for users to get unloaded?

So if you’re interested, how do you hook it up? All you have to do is update your SDK to version 4.0.0. Here’s a little code blurb. If you want to just get started right away as you can see. There’s only a few lines you plug in. Um, you also want to ensure your dap is EIP 1271 compliant. This makes sure that you can accept signatures from account abstracted wallets. You want to disable local extensions for testing right now? The SDK does work between say the coinbase wallet extension and the new smart wallet. So if you want to test it out, just turn off your local extensions and then once you’re integrated, we want to work super closely with you. And we can show you how to use our config to add a create wallet button, to your app, and let people create a wallet in seconds. Margar with us to figure out how to enable the pay with coinbase functionality. Community to make sure that this is a universally adopted standard so that you don’t have to ask wallets that. Don’t support this for a transaction if they don’t have balance, but if it’s a smart wallet, you can still pop the modal. And we want all your feedback. So this is the biggest part of the developer preview period is we want to work with, you on what’s exciting? What do you need to make this? The most awesome thing that you can offer users. It makes you super excited and that’ll tailor our roadmap for mainnet launch, so that we deliver the most awesome product, both for you and your users to get the next chain. So we want you to build with us. We have a forecaster Channel slash coinbase wallet. We’re going to be building in public, we have public GitHub repos. Our testnet demo that we saw as forkable. You can play with it yourself. You can tweak it point B. Smart wallet is one of our repos, you can go check out our code and let us know if you love it. If you hate it we’ll be monitoring. We’ll be responding to it. We’ll be working with. You got all the team here. You see a lot of the folks and the base shirts that are here to support you and you know we want to make this the next generation of things and next stop is mainnet. So with that, I would encourage everyone to try the demo, just scan this QR code. You can run through wallet, creation on your phone, everything I just did and we’re just going to be hanging out the way where we pass the mic. All of our awesome technical team members here, so send it to us, we got some swag and let’s go. We’re going to get the next billion on chain together.

Thanks so much.  

About the author
crypto

コメントする