USDCとは: 定義、通貨の仕組み、価値

USDCとは何ですか?

USDコイン(USDC)は米ドル資産に完全に裏打ちされたデジタル通貨です。USDCはトークン化された米ドルであり、1枚のUSDCコインの価値は1米ドルの価値に限りなく近づいています。USDCの価値は安定するように設計されており、USDCはステーブルコインです。

ステーブルコインは一般的に、価格の安定を達成するためにドルやユーロのような準備資産によって裏打ちされています。

USDCの価格の安定性は、ビットコインやイーサリアムのような他の暗号通貨の悪名高い価格変動とは対照的です。
USDCの仕組みやデジタル通貨の様々な使用例など、USDCについての詳細をお読みください。

ポイント

  • USDコイン(USDC)は不換紙幣に裏打ちされた暗号通貨であり、ステーブルコインである。
  • USDコイン(USDC)の準備資産は、米国の規制下にある金融機関の分離口座に保管されています。
  • 米国政府はUSDCを発行していません。

USDCについて

USDコイン(USDC)は、米国ドルまたは米国財務省証券のようなドル建て資産に裏打ちされた暗号通貨であるステーブルコインです。USDCの準備資産は、規制された米国の金融機関の分離口座に保管されています。

USDCがどのようにして米ドルと1対1のペッグを維持しているのか、不思議に思われるかもしれません。あなたが不換紙幣を使ってUSDコインを購入する取引を開始した場合、その不換紙幣は1米ドルとして預けられ保管され、新しいUSDCが鋳造されます。不換紙幣と引き換えにUSDコインを売却した場合、不換紙幣が銀行口座に送金される際にUSDCは焼却(アクセスキーのないウォレットに送られる)されます。
USDCは、以下を含むブロックチェーンと互換性があります:

  • イーサリアム
  • アルゴランド
  • ソラナ
  • ステラ
  • トロン

会計事務所デロイトは、これらの分離口座を監督し、毎月の認証報告書を提供している。

USD Coinは、暗号通貨取引所のCoinbase(COIN)と金融テクノロジー企業のCircleが共同で設立したコンソーシアムであるCentreによって管理されている。Centreは、世界中のあらゆる人、商人、金融サービス、通貨を結びつけることで、世界の金融情勢を変えることを目指している。

USDコインの長所と短所

長所

  • 価格変動が少ない
  • 米国が規制する準備資産に完全に裏打ちされている
  • インフレヘッジとして使用可能

短所

  • 価格上昇がない
  • 準備資産の構成が完全に開示されていない
  • 米ドル価格のインフレを免れない

USDコインの使用例

価格が安定したデジタル資産として、USDCはいくつかの方法で使用することができます:

  • ボラティリティに対するヘッジ: 他の暗号通貨にさらされている投資家は、USDCのような安定したコインを戦略的に購入することで、ポートフォリオのボラティリティを下げることができます。市場のボラティリティが大きい時期にUSDCを保有することで、ポートフォリオの価値を安定させることができます。
  • 不換紙幣での価格設定: 暗号通貨取引所に上場されているデジタル資産は、USDCのようなステーブルコインを使用して不換紙幣で価格設定することができます。
  • 安定した価格ペッグ: USDCの価格の安定性により、ステーブルコインは株式所有やファンド投資を表すことができます。また、USDCは負債や債務を表すために使用することもできます。
  • 送金: USDCは国境を越えた送金に使用できます。受取人は銀行口座を使用したり、価格変動を懸念したりすることなくUSDCを保管できます。
  • 米ドルへのエクスポージャー:米ドルへのエクスポージャーを得たい米国以外の投資家は、暗号通貨投資ポートフォリオにUSDCを追加することができます。
  • インフレに対するヘッジ: 自国通貨のインフレを懸念する米国以外の投資家は、USDCのようなステーブルコインを保有することで、資金の価値を守ることができます。
  • グローバルなクラウドファンディング: 新興企業や非営利団体は、デジタル通貨を募集することで、世界中の投資家や寄付者から資金を集めることができる。USDCのような安定したコインの形で資金を調達することで、調達した資金の価値が時間とともに変動しないことが保証されます。
  • ブロックチェーンの相互接続: USDCは複数の自律型ブロックチェーンと互換性があるため、USDCはブロックチェーン間の決済システムやアプリケーションを統合する手段となり得る。

USDCについてのFAQ

USDコインはどのようなステーブルコインですか?

USDコイン(USDC)は不換紙幣担保型ステーブルコインで、USDCトークンが米ドルのような不換紙幣によって担保されていることを意味します。他のステーブルコインの種類には、暗号通貨、アルゴリズム、またはハイブリッドアプローチによって担保されたものがあります。

USDコインへの投資は危険ですか?

暗号通貨であるUSDコイン(USDC)は、一般的に投資としてリスクが高いと考えられています。USDCのようなステーブルコインは他の暗号通貨よりも価格変動が少ない一方で、ステーブルコインは米国証券取引委員会のような規制機関による監視が強化される可能性があります。USDCの背後にはビジネスも存在するため、コインがドルに固定され続けるためには、ビジネスがうまく機能しなければなりません。

1ドル未満のUSDコインを購入できますか?

米ドルを小銭に分けるのと同じように、USDコインの端数を購入することができます。USDコインの10分の1に相当する0.001から購入できます。

結論

USDコインは、米国の不換紙幣に裏打ちされたステーブルコインです。流通しているUSDC1枚につき1ドルが準備されています。しかし、USDCの価格は1日のうちに何度も変動し(分単位で変動することも多い)、0.9993ドルも変動します。これは他の暗号通貨に比べれば大したことではないが、このコインが比較的安定しているとはいえ、100%1:1のペッグではないことを示している-2022年9月5日から2023年8月21日まで、平均0.9998ドルだった。

シリコンバレー銀行が破綻した際、USDC準備金の約8%が同銀行に保管されていたことが明らかになり、コインのペッグが失われた。

About the author
crypto

コメントする