オフチェーン

オフチェーン

暗号通貨におけるオフチェーンとは?

暗号通貨について語るとき、オフチェーンとはブロックチェーンの外側で起こるプロセスを指す。ブロックチェーンの主要な問題の1つはスケーラビリティであり、一般的に分散型のコンセンサス・アルゴリズムは集中型のトランザクション処理よりも遅い。オフチェーン・ソリューションは、データの一部をメインチェーンの外部で処理することで、ブロックチェーンのスループットを向上させることを目的としている。

オフチェーン取引

オフチェーン取引は、第三者を保証に利用するか、その他の方法で促進される価値移転であり、残高の最終状態のみがブロックチェーン自体に記録される。検証をノードが行わないため、手数料が安く、取引処理速度が速いなどのメリットがある。そのため、オフチェーン取引は地元の店でのコーヒー購入のような小規模な支払いに最適である。

オフチェーンとレイヤー2ソリューション

レイヤー2ソリューションとは、既存のブロックチェーンの上に構築されたプロトコルで、そのスケーラビリティを向上させることを目的としている。ステートチャネル、サイドチェーン、ロールアップなどのメカニズムを用いて、オフチェーンでの価値移転を可能にするプロジェクトである。

ビットコインの文脈では、人気のあるレイヤー2ソリューションはライトニングネットワークであり、オフチェーン取引にステートチャネルを使用している。チャネルは基本的に2対2のマルチシグウォレットであり、取引相手が変更に同意した場合にのみ変更できる。チャネルを開いたり閉じたりするトランザクションだけがビットコインのブロックチェーンに記録され、それ以外はすべてオフチェーンで処理される。ステートチャネル内のオフチェーン取引はネットワーク全体で検証される必要がないため、より高速なスループットと取引手数料の低減が可能になる。

オンチェーンとオフチェーンの比較

オフチェーン取引がチェーンの外側で行われるのに対し、「オンチェーン」という用語はブロックチェーン(メインチェーン)上で直接行われる処理を表します。オンチェーン取引はピアによる検証が必要で、チェーン上に記録された時点で初めて確認されます。オフチェーンとオンチェーンの主な違いを見てみよう。

スピードとスケーラビリティ

オンチェーン取引が確認されるには、それが検証され、ブロックチェーンに含まれる必要があります。ビットコインの平均ブロック確認時間は10分であるため、レイヤー1チェーンはスーパーマーケットで食料品を買うような少額の買い物には適していない。オンチェーン取引とは異なり、オフチェーン決済はマイナーやバリデーターの確認を待つ必要がない。そのため、オフチェーン・ソリューションは処理速度を大幅に向上させることができ、特にマイクロペイメントに有用である。

プライバシーとセキュリティ

オンチェーン取引では、ハッシュや暗号といった標準的なブロックチェーンのセキュリティ慣行が実装されている。対照的に、オフチェーン決済を提供するプロジェクトは、決済の偽造や改ざんの可能性を防ぐためのセキュリティフレームワークを考え出す必要がある。

コストと手数料

オンチェーン取引は、それを検証し、ブロックに含め、そのブロックをチェーンに追加する作業を行うノードによって検証される。ブロック報酬と取引手数料は、ネットワークを維持するためのインセンティブとなる。オフチェーン取引は即時確認を必要とせず迅速に処理できるため、コストと手数料を最小限に抑えることができる。

結論

オフチェーン取引はブロックチェーンのスケーラビリティ問題を解決し、その世界的な普及を拡大する鍵である。オフチェーン取引は、プライマリーチェーンの負荷軽減を目指す多くのレイヤー2ソリューションの基盤として機能する。

About the author
crypto

コメントする