指値注文とは何か – Limit Order

指値注文とは何か – Limit Order

指値注文とは、特定の指値価格を指定してオーダーブックに発注する注文です。指値価格はお客様が決定します。取引は、市場価格が指値価格(またはそれ以上)に達した場合にのみ執行されます。したがって、指値注文を使用して、現在の市場価格よりも低い価格で買ったり、高い価格で売ったりすることができます。

現在の市場価格で即座に約定する成行注文とは異なり、指値注文はオーダーブックに発注され、即座には約定しません。ほとんどの場合、指値注文はテイカーではなくメイカーとして取引するため、手数料が安くなります。

はじめに

ビットコイン(BTC)やイーサ(ETH)を購入する際、どの注文タイプを使用するか決めるのが難しいと感じていませんか?異なる注文タイプは異なる方法であなたの取引に影響を与える可能性があるため、注文を出す前にそれらの区別を理解することが非常に重要です。取引をよりコントロールしたい場合は、コインの売買価格に上限を設定する指値注文の使用を検討することができます。

指値注文とは?

指値注文とは、特定の売買価格を指定する注文です。指値注文を行うには、資産の売買価格の上限または下限を設定する必要があります。お客様の注文はオーダーブックに登録され、市場価格が指値価格(またはそれ以上)に達した場合にのみ執行されます。

現在の価格で即座に約定する成行注文とは異なり、指値注文では約定価格をより自由にコントロールできます。指値注文は自動化されているため、24時間365日マーケットを監視する必要がなく、寝ている間に売買の機会を逃す心配もありません。

ただし、指値注文が執行される保証はありません。市場価格が指値価格に達しない場合、お客様の取引はオーダーブック上で未約定のままとなります。通常、指値注文は最長で数ヶ月間発注できますが、使用している暗号取引所によって異なります。

指値注文の仕組み

指値注文が発注されると、すぐにオーダーブックに登録されます。しかし、コイン価格が指定の指値価格(またはそれ以上)に達しない限り、注文は成立しません。あなたの注文より先に他の注文が発注されている場合、システムはそれらの注文を先に執行します。お客様の指値注文は、その後に残りの流動性で満たされます。

マーケットを注意深く観察しない限り、マーケットのボラティリティにより、望ましくない価格で売買してしまう可能性があります。たとえば、BNBの現在の市場価格が500ドルで、600ドルで10BNBの売り指値注文を出したとします。1週間後、BNBの価格は700ドルに急騰しました。市場価格が設定した指値価格を超えたため、注文は600ドルで執行されました。この場合、1週間前に設定した目標価格によって利益が制限されます。したがって、刻々と変化する市場の状況に対応するために、未決済の指値注文を随時見直すことをお勧めします。

損切り注文と指値注文

暗号通貨を取引する際に使用できる注文には、指値注文、逆指値注文、逆指値注文などの種類があります。

ストップロス注文は、マーケットがストップ価格に達したときにトリガーされるマーケット注文です。コイン価格が設定したストップ価格に達すると、市場価格でコインを売買する注文です。

逆指値注文はトリガーされると成行注文に変わり、現在の市場価格で執行されます。ストップ価格に達しない場合、お客様の注文は執行されません。逆指値売り注文は、マーケットがあなたのポジションに不利に動いた場合に、潜在的な損失を最小限に抑えるために使用できます。また、ポジションを終了して未実現利益を保護するための「利益確定」注文としても使用できます。買い逆指値注文は、より低い価格で市場に参入するために使用することもできます。

指値注文と逆指値注文の違いは、前者が設定した指値価格(またはそれ以上)で約定するのに対し、後者は(成行注文として)現在の市場価格で約定することです。ただし、市場価格の変動が速すぎる場合、トリガー価格と大きく異なる価格で注文が成立する可能性があることに注意してください。

逆指値注文と指値注文の比較

逆指値注文は、逆指値注文と指値注文の機能を組み合わせたものです。逆指値価格に達すると、自動的に指値注文がトリガーされます。その後、市場価格が指値価格と一致するか、それ以上であれば注文は執行されます。ポートフォリオを注意深く監視する時間がない場合は、逆指値注文を使って取引で発生する損失を限定することを検討できます。

逆指値注文を発注する際は、逆指値と指値の2つの価格を定義する必要があります。逆指値注文と指値注文の違いは、前者が逆指値価格に達した場合にのみ指値注文を出すのに対し、後者は注文ブックに即座に発注されることです。

指値注文と逆指値注文の比較

指値注文と逆指値注文はどちらも逆指値価格に基づいてトリガーされます。ただし、逆指値注文はトリガーされた後、指値注文を作成し、逆指値注文は成行注文を作成します。

どのような場合に指値注文を使用するか?

指値注文は次のような場合に使用できます:

  • 現在の市場価格より低い特定の価格で買いたい、または現在の市場価格より高い特定の価格で売りたい場合;
  • すぐに売買を急いでいない;
  • 含み益を確定したい、または潜在的な損失を最小限に抑えたい;
  • 注文をより小さな指値注文に分割して、ドルコスト平均法(DCA)効果を得たい場合。

指値がヒットしても、注文が常に満たされるとは限らないことに留意してください。すべては市場の状況や全体的な流動性に左右されます。場合によっては、指値注文の一部が満たされるだけかもしれません。

最後に

指値注文は、より良い価格でコインを購入または売却したい場合に最適な取引ツールです。含み益を最大化するため、または損失の可能性を制限するために使用することができます。しかし、注文タイプを選択する前に、様々なオプションを理解し、それぞれがあなたのポートフォリオ全体と取引戦略の中でどのように機能するかを評価する必要があります。さまざまな注文タイプについてもっと知りたい方は、さまざまな注文タイプを理解するをご覧ください。

About the author
crypto

コメントする