B2Bとは:企業間取引

B2Bとは:企業間取引

企業間取引(B2B)とは、BtoBとも呼ばれ、製造業者と卸売業者、卸売業者と小売業者のような企業間の取引形態です。企業間取引とは、企業と個人消費者の間ではなく、企業間で行われる取引を指す。企業対企業は、企業対消費者(B2C)や企業対政府(B2G)取引とは対照的である。

ポイント

  • 企業間取引(B2B)とは、卸売業者と小売業者のように、ある企業と別の企業の間で行われる取引やビジネスのことである。B2B取引はサプライチェーンで行われることが多く、ある企業が製造工程で使用する原材料を別の企業から購入する。
  • B2B取引は、自動車業界の企業や、不動産管理、家事代行、産業清掃会社などでも一般的に行われている。
  • 一方、企業対消費者取引(B2C)は、企業と個人消費者の間で行われる取引である。

企業間取引(B2B)を理解する

企業間取引は一般的なサプライチェーンでよく見られるもので、企業は製造工程で使用する部品や原材料などの製品を購入する。完成した製品は、企業間取引を通じて個人に販売される。

コミュニケーションの文脈では、企業間取引とは、ソーシャルメディアなどを通じて、異なる企業の従業員が互いにつながることができる方法を指す。このような2つ以上の企業の従業員間のコミュニケーションは、B2Bコミュニケーションと呼ばれる。

B2B電子商取引

2018年後半、フォレスターはB2B eコマース市場が1兆1340億ドルを突破したと発表した。これは、2017年に発表した予測で2018年に9540億ドルと予測していたものだ。これは、今年の米国のB2B売上総額9兆ドルの約12%に相当する。この割合は2023年までに17%まで上昇すると予測している。インターネットは、企業が製品やサービスを知り、将来の企業間取引の基礎を築くための強固な環境を提供する。

企業のウェブサイトは、関心を持つ人々が企業の製品やサービスを知り、コンタクトを開始することを可能にする。オンライン製品・供給交換ウェブサイトは、企業が製品やサービスを検索し、電子調達インターフェイスを通じて調達を開始することを可能にする。特定の業界、企業、およびそれらが提供する製品やサービスに関する情報を提供する専門的なオンライン・ディレクトリも、B2B取引を促進する。

特別な考慮事項

企業間取引を成功させるには計画が必要である。このような取引は、企業のアカウント管理担当者が取引先との関係を構築することに依存している。また、取引を成功させるためには、一般的に販売前の専門的な交流を通じて、企業間の関係を育む必要がある。

伝統的なマーケティング手法もまた、企業が法人顧客とつながるのに役立つ。業界誌は、印刷物やオンラインで広告を出す機会を企業に提供し、この努力を支援している。また、会議や見本市に参加することで、その企業が提供する製品やサービスの認知度を高めることができます。

企業間取引(B2B)の例

企業間取引や大企業との取引は、製造業の企業にとって当たり前のことである。例えばサムスンは、iPhoneの製造においてアップルの最大のサプライヤーのひとつである。アップルはまた、インテル、パナソニック、半導体メーカーのマイクロン・テクノロジーといった企業ともB2Bの関係を築いている。

B2B取引は自動車産業の基幹でもある。多くの自動車部品は独自に製造され、自動車メーカーはこれらの部品を購入して自動車を組み立てる。例えば、タイヤ、バッテリー、電子機器、ホース、ドアロックなどは、通常さまざまな企業によって製造され、自動車メーカーに直接販売される。

サービス・プロバイダーもB2B取引を行っている。例えば、不動産管理、ハウスキーピング、産業清掃を専門とする企業は、これらのサービスを個人消費者ではなく、他の企業に独占的に販売している場合が多い。

About the author
crypto

コメントする