アトミックスワップ

アトミックスワップ

アトミックスワップはスマートコントラクトに基づく技術で、中央集権的な市場や他の仲介者を必要とせずに、異なる暗号通貨の交換を可能にする。アトミック・クロスチェーン取引としても知られるアトミック・スワップは、異なるブロックチェーン・ネットワークで稼働していても、ある暗号通貨から別の暗号通貨への取引を伴う。

アトミックスワップの概念は、2013年にティア・ノーランによって初めて説明された。これは、独立した当事者がアドレス(または暗号通貨ウォレット)から暗号通貨ユニットを直接スワップできる革新的な手法として発表された。ティアー・ノーランはアトミックスワップの生みの親としてよく知られているが、クロスチェーンのピアツーピア取引を行うというアイデアはそれ以前からすでに議論されていた。2012年、ダニエル・ラリマーはP2PTradeXと呼ばれる信頼性のない交換プロトコルを考案し、多くの人がアトミックスワップ技術の原型とみなしている。

アトミックスワップを使用する主な利点の1つは、ユーザーが秘密鍵を提供したり使用したりする必要がないため、セキュリティが確保されることである。このような技術のもう1つの利点は、中央集権的な取引所が必要ないため、コストが大幅に削減されるという事実に関連している(入金、出金、取引手数料が不要)。

さらに、アトミックスワップは一方の当事者が他方の当事者を恐喝する方法がないため、詐欺に強い。技術的に言えば、この技術はハッシュ・タイムロック・コントラクト(HTLC)とハッシュ関数に依存している。HTLCスマート・コントラクトは、スワップが完全に行われるか、まったく行われないかを保証する。

言い換えれば、契約は期限に縛られ、参加者はあらかじめ定義された期間内にアトミックスワップを決済するかキャンセルする必要がある。したがって、両当事者がその有効性を確認した場合にのみ、アトミックスワップは成立する。確認は暗号ハッシュ関数を用いて行われる。

例えば、アリスが5ビットコインを持っていて、それをBNBと交換したいとする。BNBを持っているボブは、その交換に応じる。アトミックスワップ技術を使うことで、彼らは信頼できる第三者に頼ることなく、ピアツーピアの取引を行うことができる。これは本質的に、別々のブロックチェーン上で稼働している2つの異なるコインを、干渉することなく取引できることを意味する。

About the author
crypto

コメントする