日本の北國銀行が地域デジタル通貨を開始。ステーブルコインが間もなく登場

日本の北國銀行が地域デジタル通貨を開始。ステーブルコインが間もなく登場

日本の地方銀行である北國銀行興能信用金庫は地域デジタル通貨イニシアティブを開始する。当初、地域ボランティア活動でポイントを受け取った人は、ブロックチェーンを活用したアプリ「トチツーカ」を通じて、地域の店舗でポイントを使うことができる。しかし、北國銀行は年末までに、預金に裏付けされたステーブルコイン「トーチカ」を追加する予定だ。両行とも日本の石川県にある。

とちつか」アプリを開発したデジタル・プラットフォーマーは、ユーザーがポイントを交換できる50以上の小売店と契約した。また、他の地域でもこのソリューションを開始する予定だ。

間もなくリリースされるステーブルコインの取引手数料がわずか0.5%と低いことが、加盟店を獲得する大きな魅力となっている。Digital Platformerは、ブロックチェーンを使って小売店と銀行の間でデータを共有することで、コスト削減を実現している。コンソーシアム・ブロックチェーンとしてHyperledger Irohaを使用していると思われる。Irohaの中心的開発者であるソラミツも日本に拠点を置いている。空光はIroha技術をカンボジアのBakongプロジェクトに使用した。

今年初め、北國銀行の子会社であるQRインベストメンツはデジタル・プラットフォーマーに投資した。この新興企業はデジタルIDサービスも提供している。

日本では6月に安定コインの発行を支援する新しい法律が施行された。これは、複数のステーブルコイン・イニシアティブの最新版である。最も注目されているのはプログマットコインで、当初はMUFGによって開発されたが、現在は他の複数の銀行によって支援されている。バイナンスは、信託ベースのステーブルコインを発行するためにこのプラットフォームの利用を検討している。それは日本円のためだけではない。ただし、これはバイナンスが規制当局の承認を受けることが条件となる。

About the author
crypto

コメントする