リスク許容度とは何か、なぜ重要なのか?損してもいい額以上に投資しない

リスク許容度とは何か、なぜ重要なのか?損してもいい額以上に投資しない

リスク許容度とは、投資家が投資価値の変動を考慮した上で、どの程度のリスクに耐えられるかを示すものです。投資において重要な要素であるリスク許容度は、しばしば個人が選択する投資の種類と金額を決定する。

リスク許容度が高ければ高いほど、株式、株式ファンド、上場投資信託(ETF)への投資と同義であることが多く、逆にリスク許容度が低ければ低いほど、債券、債券ファンド、インカムゲイン・ファンドへの投資と同義であることが多いようだ。

ポイント

  • リスク許容度とは、投資家がポートフォリオの中でどの程度の損失に耐えられるかを示す尺度である。
  • 株式のボラティリティ、市場の変動、経済的・政治的イベント、規制や金利の変動は、投資家のリスク許容度に影響を与える。
  • 年齢、投資目標、収入は投資家のリスク許容度に影響する。
  • 積極的な投資家は一般的にリスク許容度が高く、より良い、しかし未知のリターンの可能性のために、より多くの資金をリスクにさらすことを厭わない。
  • 保守的な投資家は一般的にリスク許容度が低く、リターンが保証された投資を求める。

リスク許容度を理解する

すべての投資にはある程度のリスクが伴うため、リスク許容度を知ることは、投資家がポートフォリオ全体を計画し、投資方法を決定するのに役立つ。どの程度のリスクを許容できるかによって、投資家は積極的、中程度、保守的に分類される。

リスク許容度の評価は、リスク関連の調査やアンケートなど、オンラインで入手できる。投資家は、様々な金融商品のボラティリティを判断するために、様々な資産クラスの過去のリターンを確認することもできる。

リスク許容度に影響を与える要因のひとつに、投資家の時間的視野がある。投資家は、長い時間軸を持つ財務目標を持ち、株式などのリスクの高い資産に慎重に投資することで、より大きなリターンを得ることができるかもしれない。逆に、短期的な財務目標には、低リスクの現金投資が適しているかもしれない1。

投資家の将来の収入能力や、自宅、年金、社会保障、相続など他の資産の有無は、リスク許容度に影響する。投資家は、他にもっと安定した資金源があれば、投資可能な資産でより大きなリスクを取ることができる。さらに、ポートフォリオが大きい投資家は、小さいポートフォリオに比べて損失の割合がはるかに小さいため、リスクに対する耐性が高い可能性がある。

積極的なリスク許容度

アグレッシブな投資家、つまりリスク許容度の高い投資家は、より良い結果を得るためなら損をするリスクも厭わない。アグレッシブな投資家は、市場に精通し、証券のボラティリティを理解し、平均以上のリターンを達成するための戦略に従う傾向がある。

彼らの投資は、インカムゲインや投資元本の保全よりも、資本増価を重視する。この投資家の資産配分には、一般的に株式が含まれ、債券や現金への配分はほとんどない。

中程度のリスク許容度

中程度の投資家は、あまり大きな損失を出さずに資金を増やしたいと考えています。この投資家の目標は機会とリスクを天秤にかけることであり、この投資家のアプローチは「バランス型」戦略と表現されることもあります。

一般的に、穏健派投資家は株式と債券を50/50または60/40の割合で混合したポートフォリオを構築する。

保守的なリスク許容度

保守的な投資家は、投資ポートフォリオのボラティリティをほとんど、あるいは全く許容しない。定年退職者や定年退職間近の人は、元本割れのリスクを避け、短期的な投資戦略をとるため、このカテゴリーに含まれることが多い。

保守的な投資家は、保証があり流動性の高い商品をターゲットとする。リスク回避型の投資家は、収益と資本保全のために、銀行譲渡性預金(CD)、マネー・マーケット、米国債を選ぶのが一般的です。

結論

素人の予測は大体外れるものである。なのでじっと耐えれるだけの額だけ投資するのが得策である。すごく負けたと思ってしまう状態(減少した状態)で慌てないことができるか(そもそも損切りするかいくらまで下がる等の予測、下がり切ったものなど予測に則ったものに投資するべき)、すぐに現金に戻さなければいけない等なると大体大変な状態になる。

なので始めるのであれば始めたばかりであれば少額から、もしくは無くなっても良い金額のみ。プロの方であれば情報をたくさん得て分析しているので問題ないでしょう。

KuCoinで3L商品であればリスクが少なくリターンも大きそう?

About the author
crypto

コメントする