フィンテックとは?(Financial Technology:金融テクノロジー)

フィンテックとは?(Financial Technology:金融テクノロジー)

金融テクノロジー(フィンテックとして知られる)は、金融サービスの提供や利用を改善し、自動化しようとする新技術を表すのに使われる。フィンテックの核心は、企業、事業主、消費者が金融業務、プロセス、生活をより良く管理できるようにすることである。フィンテックは、コンピューターやスマートフォンで使用される特殊なソフトウェアとアルゴリズムで構成されている。フィンテックという言葉は、”金融技術 “を短縮したものである。

21世紀にフィンテックが登場した当初は、銀行など既存の金融機関のバックエンドシステムで採用される技術に適用されていた。2018年頃から2022年にかけては、消費者向けのサービスにシフトしていった。フィンテックには現在、教育、リテール・バンキング、資金調達・非営利、投資管理など、さまざまな分野や業界が含まれる。

フィンテックには、ビットコインなどの暗号通貨の開発や利用も含まれる。このようなフィンテックの分野が最も注目されるかもしれないが、大きな資金は依然として伝統的なグローバル・バンキング業界とその数兆ドル規模の時価総額にある。

キーポイント

  • フィンテックとは、金融サービス企業が提供する商品にテクノロジーを統合し、その利用や消費者への提供を改善することを指す。
  • フィンテックは主に、金融サービス企業が提供するサービスをアンバンドリングし、新たな市場を創出することで機能する。
  • フィンテックを利用する金融業界の企業は、金融包摂を拡大し、運営コストを削減するためにテクノロジーを利用している。
  • フィンテックによる資金調達は増加傾向にあるが、規制上の問題も存在する。
  • フィンテック・アプリケーションの例としては、ロボ・アドバイザー、決済アプリ、ピアツーピア(P2P)融資アプリ、投資アプリ、暗号アプリなどがある。

フィンテックについて

広義には、「金融テクノロジー」という用語は、デジタルマネーの発明から複式簿記に至るまで、人々の取引方法におけるあらゆるイノベーションに適用できる。インターネット革命以降、金融テクノロジーは爆発的な成長を遂げた。

あなたも日常的にフィンテックを利用していることだろう。例えば、iPhoneを通じてデビット口座から当座預金口座に送金したり、Venmoを通じて友人に送金したり、オンライン・ブローカーを通じて投資を管理したりすることが挙げられる。EYの2019 Global FinTech Adoption Indexによると、消費者の3分の2が少なくとも2つ以上のフィンテック・サービスを利用しており、こうした消費者は日常生活の一部としてフィンテックを意識するようになっている。

フィンテックの実践

最も話題になっている(そして最も資金を集めている)フィンテック新興企業には、同じ特徴がある。それは、より機敏であること、サービスが行き届いていない層にサービスを提供すること、より迅速で優れたサービスを提供することで、従来の金融サービス・プロバイダーに挑戦し、最終的にはそれを引き継ぐことを目的としていることだ。

例えば、金融会社のアファームは、消費者が購入のための即時の短期ローンを確保する方法を提供することで、クレジットカード会社をオンラインショッピングのプロセスから切り離そうとしている。金利は高いが、アファームは、信用力のない消費者にも信用を確保し、クレジット・ヒストリーを構築する方法を提供すると主張している。

同様に、Better Mortgageは、申し込みから24時間以内に事前承認書を発行するデジタル専用サービスで、住宅ローン手続きの合理化を目指している。GreenSkyは、金利ゼロのキャンペーン期間を提供することで、消費者が金融機関を避け、利息を節約できるよう支援することで、ホームセンターの借り手と銀行を結び付けようとしている。

信用力の低い、あるいは信用力のない消費者向けに、タラ社は発展途上国の消費者にマイクロローンを提供している。スマートフォンの取引履歴や、どのようなモバイルゲームをプレイしているかなど、一見関係なさそうなことまでデータを深く掘り下げる。Talaはこのような消費者に、地元の銀行や規制のない金融業者、その他のマイクロファイナンス機関よりも優れた選択肢を提供しようとしている2。

要するに、金融生活のある側面がなぜこんなに不愉快なのか(伝統的な金融業者への住宅ローンの申し込みなど)、あるいはまったく合わないと感じたことがあるのなら、フィンテックはおそらくあなたに合った解決策を持っている(あるいは持とうとしている)のだろう。

広がるフィンテック

最も基本的な形として、フィンテックは金融サービスを個々のサービスへとアンバンドルし、より使いやすくする。合理化されたサービスをテクノロジーと組み合わせることで、フィンテック企業はより効率的に、各取引に関連するコストを削減することができる。

多くのフィンテック革新が従来の取引、銀行業務、金融アドバイス、商品にどのような影響を与えたかを一言で表すなら、それは「ディスラプション(破壊)」である。かつては支店や営業担当者、デスクトップの領域であった金融商品やサービスが、今ではモバイル・デバイスでより一般的に見られるようになっている。

例えば、モバイル専用の株式取引アプリRobinhoodは取引手数料が無料であり、Prosper Marketplace、LendingClub、OnDeckのようなピアツーピア(P2P)融資サイトは、融資競争を幅広い市場勢力に開放することで金利の引き下げを約束している。Kabbage、Lendio、Accion、Funding Circleなどのビジネスローン・プロバイダーは、新興企業や既存企業に運転資金を確保するための簡単で迅速なプラットフォームを提供している。オンライン保険の新興企業であるオスカーは、2018年3月に1億6,500万ドルの資金調達を受けた3。このような多額の資金調達ラウンドは珍しいことではなく、フィンテックの新興企業にとって世界的に発生している。

このようなデジタル・ファーストの考え方へのシフトは、いくつかの伝統的な金融機関が同様の製品に多額の投資を行うことを後押ししている。例えば、投資銀行のゴールドマン・サックスは2016年、フィンテック分野への参入を目指し、消費者金融プラットフォームのマーカスを立ち上げた4。

とはいえ、ハイテクに精通した業界ウォッチャーは、フィンテックに触発されたイノベーションに後れを取らないためには、単にハイテク投資を拡大するだけでは不十分だと警告する。むしろ、フットワークの軽い新興企業に対抗するには、考え方やプロセス、意思決定、さらには企業構造全体を大きく変える必要がある。

フィンテックと新技術

機械学習/人工知能(AI)、予測行動分析、データ駆動型マーケティングなどの新技術は、金融上の意思決定から推測や習慣を取り除くだろう。「学習」アプリはユーザーの習慣を学習するだけでなく、無意識のうちに自動的に行われる支出や貯蓄の意思決定をより良いものにするため、学習ゲームにユーザーを参加させる。

フィンテックはまた、チャットボットやAIインターフェイスを活用して顧客の基本業務を支援し、人件費を抑える自動顧客サービス技術の熱心な活用者でもある。フィンテックはまた、支払い履歴に関する情報を活用して、標準から外れた取引にフラグを立てることで、詐欺対策にも活用されている。

フィンテックの展望

2010年代半ば以降、フィンテックは爆発的に普及し、新興企業は数十億ドルのベンチャー資金を獲得し(その一部はユニコーンに成長)、既存の金融会社は新しいベンチャー企業を買収するか、独自のフィンテックサービスを構築している。

北米は依然としてフィンテック新興企業のほとんどを輩出しており、アジアは比較的僅差で2位、次いでヨーロッパが続いている。フィンテック革新の最も活発な分野には、以下のようなものがある:

  • 暗号通貨(ビットコイン、イーサリアムなど)、デジタルトークン(NFTなど)、デジタルキャッシュ。これらはしばしばブロックチェーン技術に依存している。ブロックチェーンは分散型台帳技術(DLT)であり、コンピュータのネットワーク上で記録を管理するが、中央台帳は持たない。ブロックチェーンはまた、いわゆるスマートコントラクトを可能にする。スマートコントラクトは、買い手と売り手などの当事者間で自動的に契約を実行するコードを利用する。
  • オープン・バンキングとは、すべての人が銀行のデータにアクセスできるようにし、金融機関やサードパーティ・プロバイダーの接続ネットワークを構築するアプリケーションを構築することを提案する概念である。例としては、オールインワンの資金管理ツール「Mint」がある。
  • インシュアテック(Insurtech):保険業界を簡素化・合理化するためにテクノロジーを活用しようとするもの。
  • レグテックは、金融サービス会社が業界のコンプライアンス・ルール、特にマネーロンダリング防止や不正行為と闘うKnow Your Customerのプロトコルを満たすのを支援しようとするものである。
  • ベターメントに代表されるロボアドバイザーは、アルゴリズムを活用して投資アドバイスを自動化し、コストの削減とアクセシビリティの向上を実現している。これは、フィンテックが知られ、利用されている最も一般的な分野の一つである。
  • 伝統的な銀行や主流の金融サービス会社によって無視されたり、十分なサービスを受けられなかったりする不利な立場にある個人や低所得者にサービスを提供しようとする銀行口座を持たない/銀行口座を持たないサービス。これらのアプリケーションは金融包摂を促進する。
  • サイバーセキュリティ。サイバー犯罪の急増とデータの分散保管を考えると、サイバーセキュリティとフィンテックは絡み合っている。
  • 2022年に人気に火がついたAIチャットボットも、日常的な利用においてフィンテックの存在感が高まっている一例である。

フィンテック・ユーザー

フィンテックのユーザーは大きく4つに分類される:

  • 銀行にとっての企業間取引(B2B)
  • B2B銀行の顧客
  • 中小企業向けの企業対消費者(B2C)
  • 消費者

モバイル・バンキング、情報、データの増加、より正確な分析、アクセスの分散化といったトレンドは、4つのグループすべてに、これまでにない方法で相互作用する機会を生み出すだろう。

消費者に関しては、若ければ若いほど、フィンテックとは何かを認識し、正確に説明できる可能性が高い。消費者向けのフィンテックは、Z世代とミレニアル世代を主なターゲットとしている。

ビジネスに関して言えば、フィンテックが採用される以前は、経営者や新興企業は融資や起業資金を確保するために銀行を訪れていただろう。クレジットカード決済を利用しようとすれば、クレジット会社と関係を築き、さらには固定回線に接続されたカードリーダーなどのインフラを設置しなければならなかった。しかし、モバイル・テクノロジーを使えば、そのようなハードルは過去のものとなる。

規制とフィンテック

金融サービスは世界で最も規制の厳しい分野のひとつである。そのため、フィンテック企業の躍進に伴い、規制が各国政府の最大の関心事となっている。

米財務省によると、フィンテック企業は企業や消費者に新たな機会と能力をもたらす一方で、注意すべき新たなリスクも生み出している。「データのプライバシーと規制の裁定」が財務省が指摘する主な懸念である。財務省は2022年11月の最新報告書で、特にノンバンク企業に関しては、消費者金融活動の監督強化を求めた5。

規制は、新興の暗号通貨の世界でも問題となっている。イニシャル・コイン・オファリング(ICO)は、新興企業が一般投資家から直接資金を調達できる資金調達の一形態である。ほとんどの国でICOは規制されておらず、詐欺や不正の温床となっている。ICOに対する規制が不透明なため、起業家は手数料やコンプライアンス・コストを避けるために、ユーティリティ・トークンに見せかけたセキュリティ・トークンを米国証券取引委員会(SEC)の審査をすり抜けることもできる。
フィンテックは多様なサービスを提供し、さまざまな業界に影響を及ぼしているため、これらの問題に対する単一の包括的なアプローチを策定することは困難である。ほとんどの場合、各国政府は既存の規制を利用し、場合によってはカスタマイズしてフィンテックを規制している。

フィンテックの例とは?

フィンテックは金融の様々な分野に応用されている。以下はその一例である。

  • ロボ・アドバイザーは、アプリやオンライン・プラットフォームで、自動で最適な資産運用を行う。
  • Robinhoodのような投資アプリを使えば、株式、上場投資信託(ETF)、暗号通貨をモバイル端末から簡単に売買でき、手数料もほとんどかからないことが多い。
  • PayPal、Venmo、Block (Square)、Zelle、Cash Appのような決済アプリを使えば、個人や企業にオンラインで瞬時に簡単に支払いができる。
  • Mint、YNAB、Quicken Simplifiなどの個人向け財務アプリを使えば、財務のすべてを一箇所で確認し、予算を設定し、請求書を支払うことができる。
  • Prosper Marketplace、LendingClub、UpstartのようなP2P(Peer-to-Peer)融資プラットフォームでは、個人や中小企業のオーナーが、マイクロローンを提供する多くの個人から直接融資を受けることができる。
  • ウォレット、取引所、決済アプリケーションを含む暗号アプリは、暗号通貨やビットコイン、非金融性トークン(NFT)などのデジタルトークンの保有や取引を可能にする。
  • インシュアテックとは、保険分野に特化したテクノロジーの応用である。一例として、自動車保険料を調整するために運転を監視するデバイスの利用が挙げられる。

フィンテックは銀行業務だけに適用されるのか?

銀行や新興企業は、基本的なバンキング(例:当座預金口座、普通預金口座、銀行振込、クレジットカード/デビットカード、ローンなど)を中心に便利なフィンテック・アプリケーションを開発してきたが、個人金融、投資、決済(その他)など、より多くのフィンテック分野が人気を集めている。

フィンテック企業はどのようにお金を稼ぐのか?

フィンテック企業は、その専門分野によって異なる方法で収益をあげている。例えばバンキング・フィンテックは、手数料、ローン金利、金融商品の販売から収益を得ることができる。投資アプリは、仲介手数料を請求したり、注文フローに対する支払い(PFOF)を利用したり、運用資産(AUM)のパーセンテージを徴収したりする。決済アプリは、現金額に対する利息を得たり、早期の引き出しやクレジットカード利用などの機能に対して課金したりする。

About the author
crypto

コメントする