オーストラリア、暗号取引所に対する新たなライセンス制度を提案、2024年までの法案提出を目指す

オーストラリア、暗号取引所に対する新たなライセンス制度を提案、2024年までの法案提出を目指す

オーストラリア、暗号取引所に対する新たなライセンス制度を提案、2024年までの法案提出を目指すとしているとコインデスク、他各紙が伝えています。
このスケジュールでは、オーストラリアのデジタル資産プラットフォームが新しく提案された制度の下でライセンスを取得するには2025年までかかる可能性があることを示している。

オーストラリアは、2024年までに暗号資産プロバイダーのライセンスとカストディのルールをカバーする法案の草案を発表する予定であり、法案が法制化されると、取引所は新体制に移行するために12ヶ月の猶予を与えられると、オーストラリアの財務省は月曜日に発表した。
このスケジュールによると、オーストラリアのデジタル資産プラットフォームが新しく提案された制度の下でライセンスを取得するには、2025年までかかる可能性がある。それでも、今回の動きは、オーストラリア政府が暗号規制政策の策定に向けた重要な一歩を踏み出したことを意味する。
この提案は2023年2月に最初に発表された後、2023年半ばまでに発表される予定だった。延期された10月のコンサルテーションペーパーは、以前のトークンマッピングコンサルテーションペーパーとは別のものである。トークンのマッピングとは、暗号製品の主要な活動や機能を特定し、既存の規制の枠組みに照らし合わせてマッピングするプロセスである。

この提案の公表は、オーストラリアの財務次官補兼金融サービス大臣であるスティーブン・ジョーンズ氏によるAustralian Financial Review Crypto Summit (AFRCM)でのスピーチと同時に行われた。この提案の詳細は、AFRによって最初に報告された。
「Piper Aldermanのデジタル資産弁護士であり、Blockchain Australiaの会長であるMichael Bacina氏は、サミットからCoinDeskに語った。「このアプローチは消費者保護中心であり、現在規制されていない多くのビジネスモデルを捕捉するために広範な網が設定されている。顧客資産を保有するNFTマーケットプレイスもライセンスが必要になる可能性がある。
月曜日に発表された提案では、1人の顧客から1,500豪ドル(946ドル)以上、または総資産で500万豪ドル(315万ドル)以上を保有するすべての暗号取引所は、オーストラリア証券投資委員会(Australian Securities and Investments Commission)が付与するオーストラリア金融サービスライセンスが必要になるとしている。ペーパーでは32のテーマについて質問し、2023年12月1日までに書面による提出を求めている。
「Swyftxは、国内外の暗号プラットフォームに対して公平な競争の場を提供したいと考えています。「政府の協議は、適切な保護と……技術革新の余地がある、思慮深いものです”

さらに、オーストラリア準備銀行のブラッド・ジョーンズ総裁補佐(金融システム担当)はスピーチで、「オーストラリアにおける中央銀行デジタル通貨(CBDC)研究のストックテイクを提供し、将来の研究のためのロードマップを設定する共同報告書を2024年半ば頃に発表する予定である」と述べた。
今年初め、オーストラリアは、パイロット・プロジェクトの終了時に表面化したいくつかの未解決の問題のため、CBDCについて数年間決定しないことを決定した。

About the author
crypto

コメントする