オープンソースソフトウェア

オープンソースソフトウェア

オープンソース・ソフトウェアとは、ソースコードが公開され、誰でも見たり、変更したり、再配布したりすることができるソフトウェアのことです。オープンソースソフトウェアは通常、多くの異なる参加者の間でオープンで共同的な方法で開発されます。このようなプロジェクトは、透明性、オープンな交換、自由な参加、迅速なプロトタイピング、コミュニティ指向の共同開発といった原則を包含しています。

すべてのオープンソースソフトウェアのライセンスは、誰でもソースコードを研究、修正、再配布することを可能にしているが、オリジナルのソースコードを修正されたソースコードと一緒に公開することを要求するものもある。

オープン・ソース・ソフトウェアの対極にあるのがクローズド・ソース・ソフトウェアで、ソース・コードは公開されず、それを作成した個人、チーム、または組織だけが、ソース・コードを変更したり配布したりする権利を持っています。

オープンソース・ソフトウェアには、他のタイプのソフトウェアにはない利点がある。開発者にもユーザーにも利益をもたらす可能性のあるオープン・コラボレーションの理念を推進する一方で、さまざまな分野の専門家が参加する公募のため、より質の高い製品を生み出すことにもつながる。また、潜在的に多くの参加者がそれらの問題に対処する権利、アクセス権、専門知識を持っているため、クローズドソースソフトウェアの場合よりも迅速かつ低コストで問題を修正することができます。

一方、オープンソースソフトウェアが分散型で開発され、開発プロセスを調整する単一の主体がない場合、さまざまな参加者が戦略的決定に合意するまでにかなりの時間がかかることがある。多くのオープンソースプロジェクトは、この問題に対処するために、特殊なガバナンスモデルを導入している。

より広い意味では、すべての、あるいはほとんどのソフトウェアがオープンソースライセンスを使用することを目指す運動をオープンソースソフトウェア運動と呼ぶ。この運動の目標には、同じような志を持つ人々によって協力的に作られた高品質のコードを生産することで、オープンソース技術を向上させることも含まれている。オープンソースソフトウェア運動を支持する開発者は、オープンな共同作業の理念への貢献として、自発的にコードを書き、交換する。

About the author
crypto

「オープンソースソフトウェア」への1件のフィードバック

コメントする