ビッド・アスク・スプレッドとスリッページとは

ビッド・アスク・スプレッドとスリッページとは

ビッド-アスクスプレッドとは、資産の最低提示価格と最高提示価格の差のことです。ビットコインのような流動性の高い資産は、流動性や取引量の少ない資産よりもスプレッドが小さくなります。

スリッページは、取引が最初に要求された価格とは異なる平均価格で決済される場合に発生します。成行注文の執行時によく発生します。注文を完了するのに十分な流動性がない場合や市場が不安定な場合、最終的な注文価格が変更されることがあります。流動性の低い資産でのスリッページに対処するには、注文を分割してみるとよいでしょう。

はじめに

暗号化取引所で資産を売買する場合、市場価格は需要と供給に直接関係します。価格以外に考慮すべき重要な要素は、取引量、市場の流動性、注文の種類です。市場の状況や使用する注文タイプによっては、取引で常に希望する価格が得られるとは限りません。

買い手と売り手の間には常に交渉があり、両者の間にスプレッド(ビッド-アスクスプレッド)が生じます。取引したい資産の量やボラティリティによっては、スリッページが発生することもあります(これについては後で詳しく説明します)。そのため、不測の事態を避けるには、取引所のオーダーブックに関する基本的な知識を身につけることが有効です。

ビッドアスクスプレッドとは何ですか?

ビッドアスクスプレッドとは、オーダーブックの最高ビッド価格と最低アスク価格の差のことです。伝統的な市場では、スプレッドは多くの場合、マーケットメーカーまたはブローカーの流動性プロバイダーによって作られます。暗号化市場では、スプレッドは買い手と売り手の指値注文の差の結果です。

即座に市場価格で購入したい場合は、売り手からの最低アスク価格を受け入れる必要があります。即座に売却したい場合は、買い手からの最高入札価格を受け入れることになります。より流動性の高い資産(FXなど)は、ビッドとアスクのスプレッドが狭く、買い手と売り手が資産価格に大きな変動を起こすことなく注文を執行できることを意味します。これは、オーダーブックに大量の注文があるためです。ビッド・アスク・スプレッドが広いと、大量の注文を決済する際に、より大幅な価格変動が生じます。

マーケットメーカーとビッドアスクスプレッド

流動性の概念は金融市場にとって不可欠です。流動性の低い市場で取引しようとすると、他のトレーダーがあなたの注文にマッチするまで何時間も、あるいは何日も待つことになるかもしれません。

流動性を生み出すことは重要ですが、すべての市場が個人トレーダーだけで十分な流動性を持っているわけではありません。例えば伝統的な市場では、ブローカーやマーケットメイカーが裁定取引の利益と引き換えに流動性を提供している。

マーケットメイカーは、資産の買いと売りを同時に行うだけで、ビッドとアスクのスプレッドを利用することができる。高いアスク価格で売り、低いビッド価格で買うことを繰り返すことで、マーケットメーカーはスプレッドを裁定取引利益として得ることができる。小さなスプレッドでも、一日中大量に取引されれば、大きな利益を得ることができる。需要の高い資産は、マーケットメイカーが競争してスプレッドを狭めるため、スプレッドが小さくなる。

デプスチャートとビッドアスクスプレッド

実際の暗号通貨の例と、出来高、流動性、ビッドアスクスプレッドの関係を見てみよう。多くの取引所UIでは、[Depth]チャートビューに切り替えることで、ビッドアスクスプレッドを簡単に見ることができます。このボタンはチャートエリアの右上にあります。

Depthオプションは、アセットのオーダーブックをグラフィカルに表示します。ビッドの数量と価格が緑色で、アスクの数量と価格が赤色で表示されます。これらの2つの領域の間のギャップがビッド-アスクスプレッドで、赤のアスク価格を取り、そこから緑のビッド価格を引くことで計算できます。

前述したように、流動性とビッドアスクスプレッドの縮小には暗黙の関係があります。取引量は流動性の一般的な指標であるため、資産価格に対するビッドアスクスプレッドの割合が小さいほど取引量が多いことが予想されます。取引量の多い暗号通貨、株式、その他の資産では、ビッドアスクスプレッドを利用しようとするトレーダー間の競争がより激しくなります。

ビッドアスクスプレッドの割合

異なる暗号通貨や資産のビッドアスクスプレッドを比較するには、パーセンテージで評価する必要があります。計算は簡単です:

(アスク価格 - ビッド価格)/アスク価格 x 100 = ビッドアスクスプレッド率

BIFIを例にとってみましょう。本稿執筆時、BIFIの売呼値は907ドル、買呼値は901ドルだった。この差から、ビッド-アスクスプレッドは$6となる。$6を$907で割って100をかけると、最終的なビッド-アスクスプレッドのパーセンテージは約0.66%となる。

ビットコインのビッドアスクスプレッドは3ドルで、BIFIの半分ですが、パーセンテージで比較すると、ビットコインのビッドアスクスプレッドはわずか0.0083%です。BIFIは取引量も著しく少なく、流動性の低い資産はビッド-アスクスプレッドが大きくなる傾向があるという我々の理論を裏付けている。

ビットコインのスプレッドが狭いことから、いくつかの結論を導くことができる。ビッドアスクスプレッドの割合が小さい資産は、流動性が高い可能性が高い。大きな成行注文を執行したい場合、通常、予想外の価格を支払わなければならないリスクは少なくなります。

スリッページとは何ですか?

スリッページは、ボラティリティの高い市場や流動性の低い市場でよく発生します。スリッページは、取引が予想または要求と異なる価格で決済される場合に発生します。

たとえば、100ドルの大口の成行買い注文を出したいのに、市場がその価格で注文を満たすのに必要な流動性を持っていないとします。その結果、注文が完全に満たされるまで、次の注文(100ドル以上)を取らなければならなくなります。これにより、あなたの購入の平均価格は100ドルより高くなり、これがスリッページと呼ばれるものです。

つまり、成行注文を作成すると、取引所はお客様の売買をオーダーブック上の指値注文に自動的に合わせます。オーダーブックは最良の価格に合わせますが、希望する価格に対して十分な数量がない場合は、さらに上の注文チェーンに進みます。このプロセスの結果、市場は予期しない異なる価格であなたの注文を満たすことになります。

暗号通貨では、自動マーケットメーカーや 分散型取引所ではスリッページがよく発生します。ボラティリティの高いアルトコインや流動性の低いアルトコインでは、スリッページが予想価格の10%以上になることもあります。

ポジティブなスリッページ

スリッページは必ずしも予想よりも悪い価格で終わることを意味しません。プラスのスリッページは、買い注文をしている間に価格が下がったり、売り注文をしている間に価格が上がったりした場合に発生します。珍しいことではありますが、ボラティリティの高い市場では正のスリッページが発生することがあります。

スリッページの許容範囲

取引所によっては、スリッページの許容範囲を手動で設定し、発生する可能性のあるスリッページを制限することができます。このオプションは、BNBスマートチェーンの PancakeSwapや イーサリアムのUniswapのような自動マーケットメーカーで見られます。

設定したスリッページの量は、注文の決済にかかる時間に影響します。スリッページを低く設定すると、注文が成立するまでに時間がかかったり、まったく成立しなかったりします。スリッページを高く設定し過ぎると、他のトレーダーやボットがあなたの保留中の注文を見て、あなたをフロントランする可能性があります。

この場合、他のトレーダーが先に資産を購入するために、あなたよりも高いガス料金を設定すると、フロントランニングが発生します。その後、フロントランナーは別の取引を入力し、あなたのスリッページ許容範囲に基づいて、あなたが取ることを望む最高価格であなたにその資産を売却します。

マイナスのスリッページを最小限に抑える

常にスリッページを回避することはできませんが、スリッページを最小限に抑えるために使用できる戦略がいくつかあります。

1. 大きな注文を出す代わりに、小さなブロックに分割する。オーダーブックを注視して注文を分散させ、利用可能な数量よりも大きな注文を出さないように注意しましょう。

2. 分散型取引所を利用する場合は、取引手数料を考慮することを忘れないでください。ネットワークによっては、ブロックチェーンのトラフィックに応じて高額な手数料が発生するため、スリッページを回避して得た利益が帳消しになる可能性があります。

3. 小さな流動性プールのような流動性の低い資産を扱っている場合、あなたの取引活動が資産価格に大きな影響を与える可能性があります。単一の取引では少量のスリッページが発生するかもしれませんが、小さなスリッページがたくさん発生すると、次に行う取引ブロックの価格に影響します。

4. 指値注文を使う。指値注文は、取引時に希望する価格またはそれ以上の価格を得られるようにする注文です。成行注文のスピードは犠牲になりますが、マイナスのスリッページが発生することはありません。

最後に

暗号通貨を取引する際は、ビッドアスクスプレッドやスリッページが取引の最終価格を変える可能性があることを忘れないでください。常にこれらを避けることはできませんが、意思決定に考慮する価値はあります。少額の取引であれば、このような影響は最小限に抑えられますが、大量の注文の場合、1単位あたりの平均価格が予想よりも高くなる可能性があることを覚えておいてください。

分散型金融を試している人にとって、スリッページを理解することは取引の基礎の重要な部分です。基本的な知識がないと、フロントランニングや過剰なスリッページで資金を失うリスクが高くなります。

About the author
crypto

「ビッド・アスク・スプレッドとスリッページとは」への1件のフィードバック

コメントする