暗号通貨で理解すべき主要用語

暗号通貨業界をナビゲートするのは難しいものです。
暗号通貨とブロックチェーン業界で現在最も一般的に使用されている用語やフレーズについて学びましょう。

暗号通貨で理解すべき主要用語

アルトコイン(Altcoins、オルトコイン(キーボードはオルトキーだがなぜかアルトコイン))

アルトコインとは、ビットコイン以外の暗号通貨を指す。それぞれ独自のルール、特性、特定のユースケースを持っている。アルトコインは全く新しい技術であったり、既存の暗号通貨のフォークであったりする。

ブルマーケット(Bull Market, bull, 強気相場)

ブルマーケットとは、歴史やパターン分析から一定期間にわたって市場価格が全般的に上昇傾向にある相場。(サイクルなどから)ブル相場に入った、ブル相場に入ったように見せてベアなブルトラップなど。

ベアマーケット(Bear Market, bear, 弱気相場)

ベアマーケットとは、ブルマーケットの反対。歴史やパターン分析から一定期間にわたって市場価格が全般的に下降傾向にある相場。(サイクルなどから)ベア相場に入った、ベア相場に入ったように見せてブルなベアトラップなど。

ブロックチェーン

ブロックチェーンは、データを非中央集権的な方法で保存する方法である。 データを複製し、そのブロックチェーン上のコンピュータシステムのネットワークに分散することができる。通常、採掘者や検証者のコミュニティによって運営されるブロックチェーンは、中央集権的な仲介者を必要としない。

ブロック

ブロックチェーンは、ブロックにフォーマットされたトランザクションの増加するリストから構築されます。各ブロックは、ブロックチェーンの履歴を変更することができないように、最後のブロックへの暗号化された参照を含んでいます。

ブロック報酬

マイナーまたはバリデーターによってブロックが作成されると、ブロック報酬が発行されます。これは新しく鋳造された暗号通貨の形をとり、参加者がブロックチェーンを維持するためのインセンティブとして使用される。

コンセンサス

暗号通貨におけるコンセンサスとは、ブロックチェーンの参加者がブロックチェーンに何を含めるべきかについて合意する方法を指す。現在、暗号ネットワークで使用されている2つの最も著名なコンセンサスメカニズムは、プルーフ・オブ・ワークとプルーフ・オブ・ステークである。

暗号技術

暗号技術とは、情報を安全かつセキュアに保つ科学を指し、今日のコンピューティングの多くの分野で使用されている。暗号技術は、プルーフ・オブ・ワークを可能にするSHA-256一方向ハッシュアルゴリズムや、暗号通貨の転送を認証・検証するための秘密鍵/公開鍵暗号技術を通じて、ブロックチェーンや暗号通貨の安全確保に役立っている。

dApp

dApps(分散型アプリケーション)は、ブロックチェーンネットワーク上で動作するプログラムで、スマートコントラクトを使用してエンドユーザーに信頼性の高いツールやサービスを提供します。現在最も広く採用されているスマートコントラクトプラットフォームはイーサリアムプロトコルであり、現在数百のdAppが存在している。

DAO

DAO(分散型自律組織)とは、多数のスマートコントラクトにおける透明なルールとして表現されるビジネス・エンティティを指す。DAOは中央集権を可能な限り削減することを目的としており、通常、提案された変更や更新に賛成か反対かを投票することで、DAOとその製品の将来を統治する能力をコミュニティに与えている。

分散型

分散型(Decentralized)とは、セキュリティと冗長性を高め、統治機関や中央集権的な仲介機関への依存を軽減することを目的として、分散システムを利用する技術を説明するために使用される言葉である。

DeFi

DeFi(Decentralized Finance)とは、ブロックチェーン技術と暗号通貨を活用してエンドユーザーに分散型金融サービスを提供するアプリケーションやサービスのエコシステムが拡大していることを指す。一般的にイーサリアムネットワークにデプロイされるDeFiアプリケーションは、現在数百種類存在し、ユーザーは暗号通貨を借りたり、貸したり、利息を得たりすることができる。DeFiアプリケーションは、ユーザー資金の正確なプロセスと流れを定義するスマート・コントラクトの集合体で構成されており、DeFiアプリケーションによってユーザーは以下のことが可能になる。

DYOR

Do Your Own Researchの略。これは、暗号通貨のインフルエンサーが他の投資家に対する警告としてよく使われ、デューデリジェンスに代わるものは自らの調査に勝るものはないことを思い起こさせる。暗号通貨のインフルエンサーとメディアは、異なるインセンティブと目標を持ち得ることを覚えておく価値がある。自分が読んでいるニュース記事やレビューは公平で、事実に基づいて正しいか?

ERC-20

イーサリアムネットワークで使用されているERC-20は、最も広く使用されている暗号トークン標準です。ERC-20により、開発者は既存のインフラと互換性のあるデジタル通貨を簡単に作成することができます。

ERC-721

ERC-721は、イーサリアムネットワークの非核トークンであるNFTの標準です。ユニークでカウンターフィタリティのないトークンを作成できる。デジタル収集品やゲームアイテムの作成、または現実世界のユニークなアイテムのトークン化に使用できます。

EVM

イーサリアム・バーチャルマシン(EVM)は、基本的にグローバルなブロックチェーンベースのコンピュータである。開発者がイーサリアムネットワーク上で信頼性のない分散型アプリケーションを作成するためのランタイム環境を提供する。

フィアット Fiat

フィアットとは、伝統的な金融エコシステムにおける貨幣の種類を指す。不換紙幣の例としては、米ドルやユーロが挙げられる。ブロックチェーンランドスケープで不換紙幣を扱うには、通常、資金を保管する中央集権的な中央組織を信頼する必要がある。

フォーク

フォークとは、ブロックチェーンがプロトコルの変更を経験し、2つの並列チェーンを生成する状況を表します。フォークは通常、暗号開発者やコミュニティが何らかの方法でプロトコルを変更または更新する必要があると決定したときに発生します。後方互換性を破壊し、新しい通貨を発行するハードフォークと、ルールセットを更新し、ネットワーク参加者の過半数からの支持を必要とするソフトフォークの2種類がある。

FOMO

Fear of missing outの略。社会不安の一種で、FOMOを経験している人が楽しんでいない一方で、他の人は楽しんでいたり、イベントの恩恵を享受しているという考えから生じるもの。暗号市場では通常、自分が所有していないトークンが爆発的に上昇するのを見ることを指す。

FUD

恐怖、不確実性、疑念-通常、人々を市場に対する悲観的な見方に向かわせる可能性の高い情報を指す。

ファンダメンタル分析

ある資産の価値を評価し、将来のパフォーマンスを推定する方法。暗号プロジェクトの文脈では、製品の技術的・革新的価値、その背後にあるチーム、またはトークン配布モデルとそのユースケースなどの要因を考慮する。

ガス

イーサリアムネットワーク上でトランザクションを送信したり、スマートコントラクトをデプロイしてやり取りしたりする際に課金される手数料のこと。通常、イーサ(Ether)の数分の1であるGwei(グウェイ)で価格が設定される。

グウェイGwei

Weiは、イーサリアムのネイティブ通貨Etherの最小かつ不可分の部分です。1イーサは1,000,000,000,000,000,000,000ウェイ(1018)に等しい。GweiはGiga-weiの略で、109weiとなります。

半減(半減期)

半減(半減期)とはビットコインマイニングのブロック報酬を50%減らすこと。前回から21万ブロックが採掘されると半減する。ビットコインネットワークは50BTCのブロック報酬で始まり、3回の半減を経て、現在は1ブロックあたり6.25BTCのレベルである。

ハッシュレート

処理能力の測定単位で、ビットコインネットワークが1秒間にどれだけのネットワーク固有の計算を行うかを示す。1テラハッシュのハッシュレートは、ネットワークが1秒間に1兆回の計算を実行できることを意味する。

HODL

ホールド(hold)のスペルミスから来た言葉。多くの場合、現在の市場動向に反して、暗号を売却しない行為を指す。

KYC

KYC(Know Your Customer)は、金融サービスプロバイダーが登録時に顧客に関する情報を収集し、確認するプロセスを指します。これらの要件は、顧客と事業者の管轄区域の両方の統治機関によって強制されます。

台帳 Ledger

台帳は取引のデータベースを指す。暗号通貨の文脈では、台帳はブロックチェーン上に保存されている特定の暗号通貨の取引履歴である。

流動性 Liquidity

流動性には2つの意味がある。最も一般的なのは、暗号通貨が自由に売買できる品質を表すのに使われる。また、分散型取引所の流動性プール内で取引可能な暗号通貨の量を意味することもある。

指値注文 Limit order

特定の価格以上で資産を売買するために取引所に発注される注文。買い注文は目標価格以上で執行され、売り注文は選択した価格またはそれ以下の価格でのみ発生する。

信用取引 Margin trading

借り入れた資金を使用する取引方法です。通常の取引に比べ、多額の資金を利用できるため、トレーダーはポジションにレバレッジをかけ、利益を最大化することができますが、同時に高いリスクにもさらされます。

時価総額

時価総額。ある資産の価格に流通供給量を掛けたもので、ある資産とその市場の総価値を表す。多くの場合、プロジェクトの成功の尺度として使用される。

マイニング

マイニングは、新しいブロックを作成するためにブロックチェーンネットワークにコンピューティングリソースを提供するプロセスです。その対価として、マイナーは報酬を得る。

マイニングプール

マイニングプールは、コンピューティングまたはハッシュパワーをプールしているマイナーのグループまたはコミュニティです。プルーフ・オブ・ワーク型ブロックチェーンのマイナーは皆、新しい有効なブロックを最初に作成することを競うため、プールを利用することで、参加者の採掘利益を増加または平準化することができます。

NFT

ノン・ファンジブル・トークンはイーサリアム・トークンの一種。他のトークンと同様に、ウォレット間で転送したり、スマートコントラクトで使用したりすることができますが、「カビない」、つまり複製や小分けができず、各ユニットが一意であることを意味します。昨年、エンターテイメントやアートの世界で大物が自身のアート作品やデジタル・コレクティブルを発表し、OpenSeaのようなプラットフォームで数百万ドルで販売されたものもあり、大きな人気を博している。

ネットワーク料金

ビットコインやイーサリアムのネットワーク上で取引が確実に処理されるためには、ネットワーク手数料が必要となる。手数料は、トランザクションを処理し、ネットワークの安全性を高めるために、マイナーやバリデータなどのネットワーク参加者に報酬を与えるインセンティブとして使用されます。

ノード

ノードはブロックチェーンネットワークの参加者の一種で、データを保存し、すべての新しいトランザクションとブロックが有効であることを保証するコンセンサスプロセスに貢献する。マイナーは完全なノードとして機能するが、コンピューティングリソースを提供しなくても、誰でもネットワークを監視するためにノードを操作することができる。

ノンス Nonce

ノンスとは、ビットコインのようなプルーフ・オブ・ワーク型ブロックチェーンのマイナー(採掘者)が、新しいブロックを追加してブロック報酬を得るための暗号パズルを解くために繰り返し使用するランダムな整数である。マイナーの目標は、SHA-256のハッシュ化された出力がある数のゼロで始まるnonceを見つけることである。これにより、PoWネットワークは採掘の難易度を調整することができ、ブロックの採掘速度が速すぎる場合はゼロの数を増やす必要があります。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットは、暗号通貨のウォレットの一種で、紙の上に保管される。これらのウォレットの目的は、秘密鍵の露出を最小限に抑えることである。これは「コールドストレージ」の一種であり、ハッキングや攻撃を受ける可能性のあるインターネットに接続されたデバイスに秘密鍵がさらされることはない。というのも、このようなウォレットを生成するには、中央のウェブサイトとGUIを使用する必要があり、他の中央集権型サービスと同様に安全ではなく、攻撃を受けやすいからだ。

秘密鍵 Private key

秘密鍵は、暗号通貨ウォレットの所有者を特定するために使用される。これはパスワードのようなもので、秘密鍵を持っている人は誰でも、関連するウォレットアドレスから資金にアクセスすることができる。

プルーフ・オブ・ステーク Proof-of-stake PoS

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)は、正しいデータがブロックチェーンに保存されていることを保証するためにブロックチェーンで使用されるコンセンサスメカニズムです。プルーフ・オブ・ステーク・ブロックチェーンでは、ネットワークに暗号通貨を預けた参加者(「ステーキング」と呼ばれる)には、新しいブロックの生成に貢献し、ブロック報酬を得る機会が与えられる。

プルーフ・オブ・ワークProof-of-work PoW

プルーフ・オブ・ワーク(PoW)は、暗号報酬と引き換えにトランザクションを検証するマイナーと呼ばれるコンピュータのネットワークを活用するもう1つのコンセンサスメカニズムである。誰でもマイナーになることができ、ハッシュと呼ばれる暗号パズルを解くためにコンピューティングリソースを使用して新しいブロックを作成することを競う。これを最初に行った者は、ブロックチェーンに新しいブロックを追加する権利を得る。

公開鍵 Public key

秘密鍵と対になって生成される公開鍵は、長い文字列で、ウォレットアドレスを生成するアルゴリズムにかけられます。

サッツまたはサトシ Sats or Satoshis

サッツはビットコイン(BTC)の最小単位で、0.00000001 BTCです。ビットコインの謎めいた生みの親であるサトシ・ナカモトにちなんで名付けられ、1サットはビットコインの1億分の1に相当します。

セグウィット SegWit

SegWitはsegregated witnessの略で、2017年8月のビットコインネットワークのアップデートで、トランザクションから署名データを削除することで、各ブロックに収まるトランザクションの数を増やすことを目的とした。

SHA-256

SHA-256は一方向暗号ハッシュアルゴリズムで、任意のサイズの入力を受け取り、固定長のランダムな文字列に変換する。今日、多くのブロックチェーン・プロジェクトがSHA-256を利用し、トランザクションを検証するためのプルーフ・オブ・ワーク・マイニングを可能にしている。

スマートコントラクト

スマートコントラクトとは、ブロックチェーンネットワーク上に保存され、ブロックチェーンネットワークによって運用されるプログラムのことである。イーサリアムのようなスマートコントラクトプラットフォームにより、開発者はエンドユーザーに透明性の高い金融ツールやサービスを提供するために、暗号通貨と連携できる分散型アプリケーションを作成できる。

ソリディティ

Solidityはスマートコントラクトを記述するために使用される高水準プログラミングである。イーサリアムの共同創設者であるギャビン・ウッドによって開発されたSolidityは、開発者が誰でも対話できる、不変で止められないプログラムを作成することを可能にする。

TAまたはテクニカル分析

テクニカル分析とは、価格チャートを研究し、市場の状態を判断するために様々な市場指標を使用するプロセスを指します。将来の市場の動きを予測する際にテクニカル分析を活用することを目的とする専門トレーダーにとって、これは深い研究分野です。

テストネット

イーサリアムやバイナンス・スマートチェーンのようなスマートコントラクト・プラットフォームは、テストネットと呼ばれるスマートコントラクトをデプロイしてテストできるテスト環境を開発者に提供しています。これらのテスト環境は通常、メインネットワークと同じように機能するが、使用される暗号通貨は無価値であり、テストネットの蛇口から無料で取得できる。

トークン

トークンは暗号通貨とは異なり、通常イーサリアムのブロックチェーンにスマートコントラクトをデプロイして発行されたトークンを指す。現在、数千のトークンが存在し、時価総額上位100の暗号通貨の多くは、実際にはイーサリアムトークンである。

バリデータ Validators

バリデーターはブロックチェーンネットワークの参加者で、入ってくるトランザクションを検証する。マイナーの代わりにプルーフ・オブ・ステーク・プラットフォームで使用されるバリデーターは、ブロックチェーンの整合性を維持し、安全性を保つのを助け、その作業に対して報酬を受け取ります。バリデーターは、ネットワークに賭けられた暗号通貨の量に基づいて、新しいブロックを検証するためにネットワークによって選ばれます。

ボラティリティ Volatility

安定性の対極にあるボラティリティは、価格が変動する資産の傾向を指す。Bitcoinと他の暗号通貨は、有名なボラティリティであり、このような若い市場では予想されることであり、暗号トレーダーの主な魅力である可能性があります。

ウォレットWallet

ウォレットは、暗号保有者が秘密鍵を管理し、取引を行うためのインターフェースを提供するために使用するツールです。現在、ソフトウェア・ウォレットとハードウェア・ウォレットの両方が利用可能で、ウォレットには保管型と非保管型がある。ここでの違いは、ユーザーが秘密鍵を完全に管理しているかどうかである。

クジラ Whale

ホエール」とは、機関投資家からヘッジファンド、富裕層まで、暗号通貨市場の大物プレイヤーを指すゆるい俗語である。

ホワイトペーパーWhite paper

ホワイトペーパーとは、一般的に学術的な文書であり、新しい技術を提案し、その実装の正確な詳細を概説するものである。通常、新しいプロジェクトは、潜在的なユーザーや投資家が製品やサービス、そのユースケース、その可能性を理解できるように、ホワイトペーパーを発表する。

About the author
crypto

コメントする