リップルとは? Ripple

リップルとは? Ripple

リップル社はブロックチェーンベースのデジタル決済ネットワークであり、独自の暗号資産XRPを使用するプロトコルである。Rippleの主な焦点は、銀行や金融仲介業者が通貨間で使用する国際的な送金やセキュリティ転送のためのSWIFTシステムに似た、支払い決済資産交換および送金システムである。

暗号通貨に使用されるトークンはプリマイニングされており、ティッカーシンボルXRPを使用している。Rippleは会社とネットワークの名前で、XRPは暗号通貨トークンである。XRPの目的は、2つの通貨またはネットワーク間の交換の中間メカニズムとして、一種の一時的な決済レイヤーのデノミネーションとして機能することである。リップルは2012年に初めてリリースされ、クリス・ラーセンとジェド・マッカレブによって共同設立された。

ポイント

  • リップル社はブロックチェーンベースのデジタル決済ネットワークであり、独自の暗号通貨XRPを持つプロトコルである。
  • リップルはブロックチェーンのマイニングを使用するのではなく、銀行所有のサーバー群を介してコンセンサスメカニズムを使用し、トランザクションを確認する。
  • リップルの取引はビットコインよりも少ないエネルギーで、数秒で確認され、コストはほとんどかからない。
  • リップル(XRP)は、時価総額で最も価値のあるブロックチェーンベースのトークンにランクされています。
  • リップルの決済システムは主に銀行による利用を想定しているが、個人投資家はXRPの価格に投機することができる。

リップルについて

Rippleはオープンソースでピアツーピアの分散型プラットフォームで運営されており、ドル、円、ユーロ、暗号通貨など、どのような形でもシームレスな送金を可能にしている。XRPはグローバルな決済ネットワークであり、主要な銀行や金融サービス機関を顧客としている。XRPは、異なる通貨間の迅速な変換を促進するために使用されている。

デジタル・ハワラ・ネットワークとしてのリップル

このシステムがどのように機能するかを理解するために、取引の両端にある2つの当事者が、お金を受け取るために彼らの好みの仲介者を利用する送金構造を考えてみよう。事実上、Ripple はデジタル・ハワラ・サービスとして機能するとされている。ハワラとは、通常、国境を越えて、物理的な金銭の移動を伴わない非公式な送金方法である(しっかりと実現しているのはTRXのような気がする)。

例えば、ローレンスが別の都市に住むリバーに100ドルを送金する必要があるとする。ローレンスは、現地のエージェントであるケイトに資金を送り、リバーがその都市で資金を受け取るために正しく答えなければならない秘密のパスワードを提供する。ケイトはリバーのエージェントである明日香に、取引の詳細(受取人、払い戻し資金、パスワード)を知らせる。リバーがアスカに正しいパスワードを教えれば、アスカは彼らに100ドルを渡す。

しかし、そのお金はアスカの口座から支払われるため、ケイトはアスカに100ドルの借金があることになる(これは後日精算される)。明日香は、ケイトの借金をすべて記帳し、ケイトが合意した日に支払うか、あるいは借金のバランスを取るような反対売買を行うことができる。この多段階取引には信頼のネットワークが必要だが、リップル社はブロックチェーン・ネットワークを使ってこれを回避している。

個人や企業であれば誰でも登録し、ゲートウェイを開設することができる。このゲートウェイは、登録者に通貨交換、流動性の維持、ネットワーク上での支払送金の仲介を行う権限を与えるものである。

リップル社のデジタル通貨XRP

リップル社のデジタル通貨XRP は、他の通貨とのブリッジ通貨として機能する。XRPは不換紙幣と暗号通貨を区別しないため、どの通貨も他の通貨と簡単に交換することができる。例えば、CADBluzelle、BTCbitstamp、USDsnapswapなどだ。例えば、CADBluzelle、BTCbitstamp、USDsnapswapなどだ。リバーがローレンスに提供したサービスの対価としてビットコインを要求した場合、ローレンスは必ずしもビットコインを所持している必要はない。彼はカナダドル(CAD)で彼のゲートウェイに支払いを送ることができ、リバーは彼のゲートウェイからビットコインを受け取ることができる。完全な取引を開始するために1つのゲートウェイが必要なわけではなく、複数のゲートウェイを利用することで、ユーザー全体に波及する信頼の連鎖を形成することができる。

ゲートウェイと残高を保有することは、従来の銀行システムにも存在するカウンターパーティ・リスクにユーザーをさらすことになる。ゲートウェイがその責任を果たさない場合、ユーザーはそのゲートウェイで保有する資金の価値を失う可能性がある。したがって、ゲートウェイを信頼していないユーザーは、「信頼されていない」ゲートウェイと取引する信頼できるゲートウェイと取引することができる。こうすることで、IOUは信頼できる、あるいは信用できると認定されたゲートウェイを通じて取引されることになる。

リップルの仕組み

リップルのネットワークは、ビットコインのようなプルーフ・オブ・ワーク(PoW)システムや、イーサリアムのようなプルーフ・オブ・ステーク(PoS)システムでは動作しません。その代わりに、トランザクションはシステム上のアカウント残高とトランザクションを検証するためのコンセンサスプロトコルに依存しています。コンセンサスは、二重支出を防止することでシステムの完全性を向上させる。

複数のゲートウェイで取引を開始したリップルユーザーが、ゲートウェイシステムに同じ100ドルを送ろうとすると、最初の取引以外はすべて削除される。個々の分散ノードは、どの取引が最初に行われたかをコンセンサスによって決定する。確認は即座に行われ、およそ5秒かかる。誰がノードを立ち上げ、取引を確認できるかを中央当局が決定しないため、リップルプラットフォームは分散型と表現される。

XRP台帳は、どのユーザーやゲートウェイに対しても、指定された通貨での全てのIOUを追跡します。ウォレット間のIOUクレジットと取引フローはXRP台帳上で公開されています。しかし、金融取引の履歴が公に記録され、ブロックチェーン上で利用可能になったとしても、そのデータは個人や企業のIDや口座にはリンクされていません。しかし、すべての取引の公開記録(すなわちブロックチェーン)により、情報は非匿名化措置の影響を受けやすくなっている6。

リップルの決済システムは主に銀行による利用を想定しているが、個人投資家はXRPの価格に投機することができる。
特別な考慮事項
リップル社は従来の銀行の欠点を改善している。取引はリップルネットワーク上で数秒以内に決済されます(プラットフォームが数百万件の取引を頻繁に処理しているにもかかわらず)。

これは、電信送金を完了するのに数日から数週間かかる銀行とは異なります。リップル上で取引を行うための手数料も最低限で、標準的な取引に必要な最低取引コストは0.0002 XRPドルに設定されている。

リップルはビットコインより優れているか?

リップルの取引はビットコインよりも少ないエネルギーで、数秒で確認され、コストはほとんどかかりません。ですが、最近ではより高速でコストも少ない暗号資産も多くあります。

リップルのネットワークはどのように機能するのか?

Ripple のネットワークはどのように機能するのか?Ripple のネットワークトランザクションは、システム上の口座残高とトランザクションを検証するコンセンサスプロトコルに依存している。ビットコインのような PoW システムやイーサリアムのような PoS システムでは動作しない。リップルのコンセンサスは、二重支出を防ぐことでシステムの完全性を向上させることを目的としています。

リップルとXRPの違いは?

Ripple は主要な銀行や金融サービスプロバイダーを顧客とするグローバルな決済ネットワークです。XRPはリップル社によって開発された暗号資産で、異なる通貨間の迅速な変換を促進するためにリップル社製品で使用されています。

結論

Ripple は分散型ブロックチェーンであり、そのネイティブ暗号通貨である XRP を使って、世界中の金融機関に既存のソリューションよりも高速な決済サービスを提供するように設計されています。

About the author
crypto

コメントする