ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは、コンピュータネットワークのノード間で共有される分散型データベースまたは台帳のことである。ブロックチェーンは、暗号通貨システムにおいて、安全で分散化された取引記録を管理する重要な役割を果たすことで知られていますが、その用途は暗号通貨に限りません。ブロックチェーンは、あらゆる業界のデータを不変のものにするために使用できる。

ブロックを変更する方法がないため、必要な信頼はユーザーやプログラムがデータを入力する時点だけである。この側面により、信頼できるサードパーティーの必要性が減少する。サードパーティーは通常、監査人やその他の人間であり、コストを追加したりミスを犯したりする。

2009年にビットコインが登場して以来、ブロックチェーンはさまざまな暗号通貨、分散型金融(DeFi)アプリケーション、非可溶トークン(NFT)、スマートコントラクトの創出を通じて爆発的に利用されている。
キーポイント

  • ブロックチェーンは共有データベースの一種であり、情報の保存方法が一般的なデータベースと異なる。ブロックチェーンは暗号技術によってリンクされたブロックにデータを保存する。
  • ブロックチェーンには様々な種類の情報を保存することができるが、最も一般的な用途は取引台帳として使用されることである。
  • ビットコインの場合、ブロックチェーンは分散型であるため、特定の個人やグループが管理することはなく、すべてのユーザーがまとめて管理する。
  • 分散型ブロックチェーンは不変であり、入力されたデータは元に戻らない。ビットコインの場合、取引は永久に記録され、誰でも見ることができる。

ブロックチェーンの仕組み

皆さんはスプレッドシートやデータベースに馴染みがあるかもしれない。ブロックチェーンは、情報が入力され保存されるデータベースなので、多少似ている。しかし、従来のデータベースやスプレッドシートとブロックチェーンの決定的な違いは、データがどのように構造化され、アクセスされるかにある。

ブロックチェーンはスクリプトと呼ばれるプログラムで構成され、通常データベースで行う作業を行う: 情報を入力してアクセスし、どこかに保存して保管する。ブロックチェーンは分散型であるため、複数のコピーが多くのマシンに保存され、それらがすべて一致しなければ有効とならない。

ブロックチェーンは取引情報を収集し、情報を含むスプレッドシートのセルのようにブロックに入力する。ブロックがいっぱいになると、情報は暗号化アルゴリズムにかけられ、ハッシュと呼ばれる16進数が作成される。

ハッシュは次のブロックヘッダに入力され、ブロック内の他の情報と一緒に暗号化される。これによって、一連のブロックが連鎖して作られる。

トランザクションのプロセス

取引は、ブロックチェーンによって特定のプロセスをたどります。例えば、ビットコインのブロックチェーンでは、暗号通貨ウォレット(ブロックチェーンのインターフェースを提供するアプリケーション)を使って取引を開始すると、一連のイベントが始まります。

ビットコインでは、あなたの取引はメモリープールに送られ、マイナーやバリデーターがそれをピックアップするまで保管され、キューに入れられる。トランザクションがブロックに入力され、ブロックがトランザクションでいっぱいになると、ブロックは閉じられ、暗号化アルゴリズムを使って暗号化される。そしてマイニングが始まる。

ネットワーク全体が同時に動作し、ハッシュを「解決」しようとする。各マイナーは「nonce」(一度だけ使用される番号の略)以外のランダムなハッシュを生成する。

すべての採掘者はゼロのnonceからスタートし、ランダムに生成されたハッシュに付加される。その数値がターゲット・ハッシュと等しくないか小さい場合、nonceに1が追加され、新しいブロック・ハッシュが生成される。これは採掘者が有効なハッシュを生成し、競争に勝って報酬を受け取るまで続けられる。

特定の値が見つかるまでランダムなハッシュを生成することが、よく耳にする「プルーフ・オブ・ワーク」である。ハッシュを検証するのに必要な作業量は、ビットコインネットワークが非常に多くの計算能力とエネルギーを消費する理由である。

ブロックが閉じられると、取引は完了する。しかし、他の5つのブロックが検証されるまでは、そのブロックは確認されたとはみなされません。確認は1ブロックあたり平均10分弱かかるため、ネットワークが完了するまでに約1時間かかる(取引が行われた最初のブロックと、それに続く5つのブロックに10をかけると約60分になる)。

すべてのブロックチェーンがこのプロセスに従っているわけではない。例えば、イーサリアムのネットワークでは、エーテルを賭けている全ユーザーの中からランダムにバリデーターを1人選び、ブロックを検証させ、それをネットワークが確認する。これはビットコインのプロセスよりもはるかに速く、エネルギー消費も少ない。

ブロックチェーンの分散化

ブロックチェーンでは、データベースのデータを複数のネットワークノード(ブロックチェーン用のソフトウェアを実行するコンピュータやデバイス)に分散させることができる。これにより、冗長性が生まれるだけでなく、データの忠実性が維持される。例えば、誰かがデータベースのあるインスタンスでレコードを変更しようとしても、他のノードがそれを阻止する。このようにして、ネットワーク内の単一のノードが、その中で保持されている情報を改ざんすることはできない。

このような分散と、作業が行われたことの暗号化された証明により、情報と履歴(暗号通貨における取引のようなもの)は不可逆的なものとなる。このような記録は、(暗号通貨のような)取引のリストである可能性もあるが、法的契約、州の身分証明書、企業の在庫のような他の様々な情報をブロックチェーンが保持することも可能である。

ブロックチェーンの透明性

ビットコインのブロックチェーンは非中央集権的な性質を持っているため、個人用のノードを持つか、ブロックチェーン・エクスプローラーを使用することで、すべてのトランザクションを透過的に見ることができます。各ノードは、新しいブロックが確認され追加されると更新されるチェーンの独自のコピーを持っています。つまり、その気になれば、ビットコインがどこへ行こうとも追跡できるのだ。

例えば、過去に取引所がハッキングされ、大量の暗号通貨が失われたことがある。ハッカーはウォレットアドレス以外は匿名だったかもしれないが、ウォレットアドレスがブロックチェーン上で公開されているため、彼らが抜き取った暗号通貨は簡単に追跡できる。

もちろん、ビットコインのブロックチェーンに保存されている記録は(他のほとんどのものと同様に)暗号化されている。つまり、アドレスを割り当てられた人物だけが、その身元を明らかにできる。その結果、ブロックチェーンのユーザーは透明性を保ちながら匿名性を保つことができる。

ブロックチェーンは安全か?

ブロックチェーン技術は、いくつかの方法で分散型のセキュリティと信頼を実現している。まず、新しいブロックは常に直線的かつ時系列的に保存される。つまり、常にブロックチェーンの「末尾」に追加される。ブロックがブロックチェーンの末尾に追加された後、以前のブロックを変更することはできない。

データを変更すると、そのデータが含まれていたブロックのハッシュが変更される。各ブロックには前のブロックのハッシュが含まれているため、あるブロックが変更されると、次のブロックも変更されることになる。ハッシュが一致しないため、ネットワークは変更されたブロックを拒否する。

すべてのブロックチェーンが100%侵入できないわけではない。ブロックチェーンは分散型台帳であり、コードを使ってセキュリティレベルを作り出している。コーディングに脆弱性があれば、それを悪用される可能性がある。

例えば、あるハッカーがブロックチェーン・ネットワーク上のノードを動かし、ブロックチェーンを改ざんして他のみんなから暗号通貨を盗もうとしたとしよう。彼らがコピーを変更するとしたら、他のノードに自分のコピーが有効なものであると信じ込ませなければならない。

そのためには、ネットワークの過半数を支配し、適切なタイミングでそれを挿入する必要がある。この攻撃を試みるにはネットワークの50%以上をコントロールする必要があるため、これは51%攻撃として知られている。

この種の攻撃はタイミングがすべてであり、ハッカーが何らかのアクションを起こす頃には、ネットワークは改ざんしようとしたブロックを通り過ぎている可能性が高い。

ビットコインとブロックチェーンの比較

ブロックチェーン技術は1991年、文書のタイムスタンプが改ざんされないシステムを実現しようと考えた2人の研究者、スチュアート・ハーバーとW・スコット・ストルネッタによって初めて概説された。しかし、ブロックチェーンが初めて実世界に応用されたのは、それから約20年後の2009年1月にビットコインが登場してからだった。

ビットコインのプロトコルはブロックチェーン上に構築されている。このデジタル通貨を紹介した研究論文の中で、ビットコインの生みの親であるサトシ・ナカモト(仮名)は、ビットコインを「完全にピアツーピアで、信頼できる第三者機関を持たない新しい電子キャッシュシステム」と呼んでいる。

理解すべき重要な点は、ビットコインは当事者間の支払いやその他の取引の台帳を透過的に記録する手段としてブロックチェーンを使用しているということだ。

ブロックチェーン

ブロックチェーンは、任意の数のデータポイントを不変的に記録するために使用することができる。これは、取引、選挙での投票、製品在庫、州の身分証明書、家の権利証書など、さまざまな形が考えられる。
現在、何万ものプロジェクトが、取引を記録するだけでなく、民主的な選挙で安全に投票する方法など、社会に役立つさまざまな方法でブロックチェーンを実装しようとしている。

ブロックチェーンの不変性という性質は、不正投票がはるかに困難になることを意味する。例えば、各国の国民が単一の暗号通貨やトークンを発行されるような投票システムが考えられる。

各候補者には特定のウォレットアドレスが与えられ、有権者は投票したい候補者のアドレスにトークンや暗号を送る。ブロックチェーンの透明で追跡可能な性質により、人間による開票の必要性がなくなり、悪質な業者が物理的な投票用紙を改ざんすることもなくなる。

ブロックチェーンと銀行の比較

ブロックチェーンは、金融分野、特に決済や銀行業務における破壊的な力として期待されている。しかし、銀行と分散型ブロックチェーンは大きく異なる。

銀行とブロックチェーンがどう違うかを見るために、銀行システムとビットコインのブロックチェーン実装を比較してみよう。

項目銀行ブロックチェーン
営業時間 一般的な実店舗型銀行の営業時間は、平日午前9時から午後5時まで。週末も営業している銀行もあるが、営業時間は限られている。銀行休業日はすべての銀行が休業。 年中無休、24時間営業。フォーク、システムアップデートがある場合は一時休止するところもある。
取引手数料 カード決済:この手数料はカードによって異なり、利用者が直接支払うものではない。手数料は店舗から決済代行会社に支払われ、通常トランザクションごとに請求される。ビットコインには、マイナーとユーザーによって決定される変動取引手数料があります。この手数料は0ドルから50ドルの間で変動するが、ユーザーには支払う手数料の額を決定する能力がある。このため、ユーザーが手数料を低く設定しすぎると取引が処理されない可能性があるオープンな市場が形成される。
取引スピード 小切手: 24-72時間 -銀行送金は通常、週末や銀行休業日には処理されないが処理するところも増えてきた。また即時送金されるサービスも増えている。ビットコイン取引は、ネットワークの混雑状況により、最短で15分、最長で1時間以上かかる場合があります。
KYC ルール 銀行口座やその他の銀行商品には、「Know Your Customer」(KYC)手続きが必要です。これは、銀行が口座を開設する前に顧客の身分証明書を記録することが法的に義務付けられていることを意味する。 ビットコインのネットワークには、本人確認がなくても誰でも何でも参加できる。
プライバシー 銀行口座の情報は銀行のプライベート・サーバーに保存され、クライアントが保持する。銀行口座のプライバシーは、銀行のサーバーがいかに安全であるか、そして個々の利用者がいかに自分の情報を安全に管理できるかに制限されます。銀行のサーバーが危険にさらされれば、個人の口座も同様に危険にさらされる。 ビットコインは、ユーザーが望むだけプライベートなものにすることができるが口座情報と紐付けされれば筒抜けである。すべてのビットコインは追跡可能であり匿名で購入された場合、ビットコインの所有者を確定することは不可能だがそのアドレスを追うことによって推測はできる。ビットコインがKYC取引所で購入された場合、ビットコインはKYC取引所口座の保有者に直接結び付けられる。
セキュリティ クライアントが安全なパスワードの使用や二要素認証のような強固なインターネットセキュリティ対策を実践していると仮定すると、銀行口座の情報は、クライアントの口座情報を含む銀行のサーバーと同程度にしか安全ではない。 ビットコインのネットワークが大きくなればなるほど、その安全性は高まる。ビットコインホルダーが自分のビットコインでどの程度のセキュリティを確保するかは、すべてその人次第である。
承認された取引 銀行は様々な理由で取引を拒否する権利を留保します。また、銀行は口座を凍結する権利を有します。銀行が通常と異なる場所での購入や通常と異なるアイテムに気づいた場合、拒否される可能性があります。 ビットコインネットワーク自体は、どのような形であれ、ビットコインの使用方法を指示しません。ユーザーは適切と思われる方法でビットコインを取引することができますが、国や地域のガイドラインも遵守する必要があります。
口座の差し押さえ KYC法のため、政府は簡単に人々の銀行口座を追跡し、さまざまな理由でその中の資産を差し押さえることができる。 ビットコインが匿名で使用されている場合、政府はそれを押収するために追跡するのは難しいだろう。

ブロックチェーンはどのように使われているのか?

今や周知の通り、ビットコインのブロックチェーン上のブロックは取引データを保存する。今日、23,000以上の他の暗号通貨システムがブロックチェーン上で稼働している。しかし、ブロックチェーンは他の種類の取引に関するデータを保存する信頼性の高い方法であることが判明している。

ブロックチェーンの実験を行っている企業には、ウォルマート、ファイザー、AIG、シーメンス、ユニリーバなどがある。例えば、IBMはフード・トラスト・ブロックチェーンを作成し、食品がその場所に届くまでの道のりを追跡している。
4

なぜこのようなことをするのか?食品業界では、大腸菌、サルモネラ菌、リステリア菌などのアウトブレイクが数え切れないほど発生しており、危険物質が誤って食品に混入したケースもある。過去には、これらのアウトブレイクの発生源や、人々が食べているものから病気の原因を見つけるのに数週間かかった。

ブロックチェーンを使用することで、ブランドは食品の原産地から各寄港地、配送までの経路を追跡することができる。それだけでなく、これらの企業は、その食品が接触した可能性のある他のすべてのものを見ることができるようになり、問題の特定をはるかに早く行うことができる。これはブロックチェーンの実用化の一例だが、他にも多くのブロックチェーンの実装形態が存在する。

銀行と金融

ブロックチェーンを業務に組み込むことで、おそらく銀行ほど恩恵を受けられる業界はないだろう。金融機関は営業時間内、通常は週5日しか業務を行わない。つまり、金曜日の午後6時に小切手を入金しようとしても、口座にお金が振り込まれるのは月曜日の朝まで待たなければならない可能性が高い。

営業時間内に入金したとしても、銀行が決済しなければならない取引量が膨大なため、取引の確認に1~3日かかることもある。一方、ブロックチェーンは眠らない。

ブロックチェーンを銀行に組み込むことで、消費者は休日や時間帯に関係なく、ブロックチェーンにブロックを追加するのにかかる時間である数分から数秒で取引が処理されるのを見ることができるかもしれない。ブロックチェーンを使えば、銀行は金融機関間の資金交換をより迅速かつ安全に行うことができる。その金額の大きさを考えると、資金が輸送される数日間でさえ、銀行にとっては大きなコストとリスクを伴うことになる。

株式トレーダーの決済・清算プロセスには最大3日(国際取引の場合はそれ以上)かかることがあり、その間は資金と株式が凍結されることになる。ブロックチェーンはこの時間を大幅に短縮することができる。

通貨

ブロックチェーンは、ビットコインのような暗号通貨の基盤を形成している。米ドルは連邦準備制度理事会(FRB)によって管理されている。この中央当局システムの下では、ユーザーのデータと通貨は、技術的には銀行や政府の気まぐれに左右される。ユーザーの銀行がハッキングされれば、顧客の個人情報が危険にさらされる。

利用者の銀行が破綻したり、利用者が不安定な政府の国に住んでいれば、通貨価値が危険にさらされる可能性がある。2008年には、いくつかの破綻した銀行が、税金を使って救済された。ビットコインが最初に考案され開発されたのは、こうした懸念からだった。

ブロックチェーンはまた、通貨や金融インフラが不安定な国の人々に、より安定した通貨と金融システムを提供することができる。より多くのアプリケーションにアクセスできるようになり、国内外でのビジネスが可能な個人や機関のネットワークも広がる。
ブロックチェーンは、その運用をコンピュータのネットワークに分散させることで、ビットコインや他の暗号通貨が中央当局を必要とせずに運用されることを可能にしている。これにより、リスクが軽減されるだけでなく、処理手数料や取引手数料も削減される。

貯蓄口座や支払い手段として暗号通貨ウォレットを利用することは、国家の身分証明書を持たない人々にとって特に大きな意味を持つ。国によっては戦争で荒廃していたり、政府が実質的な本人確認インフラを欠いていたりする。そのような国の国民は、預貯金口座や証券口座を利用できない可能性があり、したがって富を安全に保管する方法がない。

財産記録

地元の記録局で時間を過ごしたことがある人なら、財産権の記録が負担が大きく非効率的であることを知っているだろう。今日、現物の証書を地方記録局の職員に届けなければならず、そこで手作業で郡の中央データベースと公開インデックスに入力される。所有権に関する紛争が発生した場合、所有権の主張と公開インデックスを照合しなければならない。

このプロセスはコストと時間がかかるだけでなく、人為的なミスが発生しやすく、不正確であるたびに不動産の所有権を追跡する効率が低下する。ブロックチェーンは、書類をスキャンしたり、地方の記録事務所で物理的なファイルを探し出したりする必要性をなくす可能性を秘めている。不動産の所有権がブロックチェーン上に保存され、検証されれば、所有者は自分の証書が正確で永久に記録されることを信頼できる。

戦争で荒廃した国や、政府や金融のインフラがほとんどなく記録局もない地域では、不動産の所有権を証明することはほとんど不可能に近い。そのような地域に住む人々のグループがブロックチェーンを活用できれば、不動産の所有権の透明で明確なタイムラインを確立することができる。

スマート・コントラクト

スマートコントラクトとは、ブロックチェーンに組み込むことができるコンピューターコードで、契約合意を促進する。スマート・コントラクトは、ユーザーが同意する一連の条件の下で作動する。これらの条件が満たされると、契約の条件が自動的に実行される。

例えば、入居希望者がスマート・コントラクトを使ってアパートを借りたいとする。家主は、借主が保証金を支払い次第、借主にアパートのドアコードを教えることに同意する。スマートコントラクトは、保証金が支払われると自動的にドアコードを借主に送信する。また、家賃が支払われなかったり、その他の条件が満たされた場合には、コードを変更するようにプログラムすることもできる。

サプライチェーン

IBM Food Trustの例と同様に、サプライヤーはブロックチェーンを利用して、購入した原材料の原産地を記録することができる。これにより、企業は製品だけでなく、”オーガニック”、”地元産”、”フェアトレード “といった一般的なラベルの信憑性も検証できるようになる。

フォーブスが報じているように、食品業界では、農場からユーザーまでの道のりを通じて食品の経路と安全性を追跡するために、ブロックチェーンの利用を採用する動きが加速している。

投票

前述したように、ブロックチェーンは近代的な投票システムを促進する可能性がある。ブロックチェーンによる投票は、2018年11月にウェストバージニア州で行われた中間選挙でテストされたように、不正選挙を排除し、投票率を高める可能性を秘めている。

このようにブロックチェーンを使えば、票の改ざんはほぼ不可能になる。ブロックチェーン・プロトコルはまた、選挙プロセスの透明性を維持し、選挙の実施に必要な人員を削減し、関係者にほぼ瞬時に結果を提供する。これにより、再集計の必要性も、不正行為が選挙を脅かすかもしれないという現実的な懸念もなくなる。

ブロックチェーンの長所と短所

ブロックチェーンはその複雑さゆえに、分散型記録管理としての可能性はほとんど無限である。ユーザーのプライバシーの保護やセキュリティの強化から、処理手数料の削減やミスの減少に至るまで、ブロックチェーン・テクノロジーは上記の用途以外にも応用される可能性が大いにある。しかし、デメリットもある。

長所

  • 検証における人間の関与を排除することによる精度の向上
  • 第三者による検証を排除することによるコスト削減
  • 分散化により改ざんが困難
  • 取引が安全、非公開、効率的
  • 透明性の高いテクノロジー
  • 不安定な国や政府が未発達な国の国民に、銀行に代わる選択肢と個人情報を保護する方法を提供する。

短所

  • 一部のブロックチェーンには多額の技術コストがかかる
  • 1秒あたりの取引量が少ないが改善されている面もある
  • ダークウェブなど違法行為に利用された歴史がある
  • 規制は司法管轄区域によって異なり、依然として不透明
  • データ保存の制限

ブロックチェーンの利点

チェーンの正確性

ブロックチェーン・ネットワーク上の取引は、何千台ものコンピューターやデバイスによって承認される。このため、検証プロセスからほとんどすべての人が排除され、人為的ミスが減り、正確な情報が記録される。仮にネットワーク上のコンピューターが計算ミスを犯したとしても、そのミスはブロックチェーンの1つのコピーにのみ反映され、残りのネットワークでは承認されない。

コスト削減

通常、消費者は取引を確認するために銀行にお金を払ったり、文書に署名するために公証人にお金を払ったりする。ブロックチェーンは、第三者による検証の必要性をなくし、それに伴い、それらに関連するコストも削減する。例えば、企業経営者がクレジットカードでの支払いを受け入れる場合、銀行や決済処理会社が取引を処理する必要があるため、少額の手数料が発生する。一方、ビットコインには中央機関が存在せず、取引手数料も限られている。

分散化

ブロックチェーンは中央の場所に情報を保存しない。その代わり、ブロックチェーンはコピーされ、コンピュータのネットワークに広がります。ブロックチェーンに新しいブロックが追加されるたびに、ネットワーク上のすべてのコンピュータがその変更を反映するためにブロックチェーンを更新する。

情報を1つの中央データベースに保存するのではなく、ネットワークに分散させることで、ブロックチェーンは改ざんが難しくなる。

効率的な取引

中央機関を通じて行われる取引は、決済に数日かかることがある。例えば、金曜日の夕方に小切手を入金しようとすると、実際に口座に資金が入金されるのは月曜日の朝になってしまうかもしれない。金融機関は通常、週5日の営業時間内に業務を行うが、ブロックチェーンは1日24時間、週7日、1年365日稼働している。

一部のブロックチェーンでは、取引は数分で完了し、数秒後に安全とみなされることもある。これは、通常、タイムゾーンの問題や、すべての当事者が支払い処理を確認する必要があるため、はるかに時間がかかる国境を越えた取引に特に有用である。

プライベート取引

多くのブロックチェーン・ネットワークはパブリック・データベースとして運営されており、インターネット接続があれば誰でもネットワークの取引履歴のリストを閲覧できる。ユーザーは取引の詳細にはアクセスできるが、その取引を行ったユーザーの識別情報にはアクセスできない。ビットコインのようなブロックチェーン・ネットワークが完全に匿名であるというのは一般的な誤解である。情報が流出した場合、ユーザーに関連付けられる閲覧可能なアドレスが存在するため、実際には仮名である。

安全な取引

取引が記録されると、その真正性はブロックチェーンネットワークによって検証されなければならない。取引が検証されると、ブロックチェーンのブロックに追加される。ブロックチェーン上の各ブロックには、固有のハッシュとその前のブロックの固有のハッシュが含まれている。したがって、ネットワークが一度確認したブロックは変更できない。

透明性

ほとんどのブロックチェーンは完全にオープンソースのソフトウェアである。つまり、誰もがそのコードを見ることができる。このため、監査人はビットコインのような暗号通貨の安全性を確認することができる。しかし、それはまた、誰がビットコインのコードを管理しているのか、どのように編集されているのか、本当の権威がないことを意味する。このため、誰でもシステムの変更やアップグレードを提案できる。ネットワーク利用者の大多数が、アップグレードされた新バージョンのコードが健全で価値があると同意すれば、ビットコインは更新される。

銀行口座を持たない人々への銀行取引

ブロックチェーンと暗号通貨の最も深遠な側面は、民族、性別、場所、文化的背景に関係なく、誰でも利用できることだろう。世界銀行によると、推定13億人の成人が銀行口座を持たず、お金や富を保管する手段を持っていないという。
さらに、これらの人々のほぼ全員が、経済が発展途上国で、完全に現金に依存して暮らしている。

このような人々は、しばしば現金で支払いを受ける。そして、この現物の現金を自宅などの隠れた場所に保管する必要があり、強盗や暴力を誘発する。盗むことは不可能ではないが、暗号は泥棒になる可能性のある人々にとってより困難なものとなる。

未来のブロックチェーンはまた、富を保管するためのアカウント単位となるだけでなく、医療記録や財産権、その他さまざまな法的契約を保管するためのソリューションも模索している。

ブロックチェーンの欠点

技術コスト

ブロックチェーンはユーザーの取引手数料を節約できるが、その技術は無料とは程遠い。例えば、取引を検証するビットコインネットワークのプルーフ・オブ・ワーク・システムは、膨大な計算能力を消費する。現実世界では、ビットコイン・ネットワーク上の数百万台のデバイスが消費するエネルギーは、パキスタンが年間に消費するエネルギーよりも多い。
8

こうした問題に対する解決策も生まれ始めている。例えば、太陽光発電、採掘場の余剰天然ガス、風力発電所のエネルギーを利用したビットコイン採掘場が設立されている。

スピードとデータの非効率性

ビットコインは、ブロックチェーンの非効率性を示す完璧なケーススタディである。ビットコインのPoWシステムは、ブロックチェーンに新しいブロックを追加するのに約10分かかる。この速度では、ブロックチェーン・ネットワークは1秒あたり約3トランザクション(TPS)しか管理できないと推定されている。

違法行為

ブロックチェーン・ネットワーク上の機密性は、ユーザーをハッキングから守り、プライバシーを保護する一方で、ブロックチェーン・ネットワーク上での違法な取引や活動を可能にする。ブロックチェーンが違法取引に利用された例として最も引用されるのは、2011年2月からFBIが閉鎖する2013年10月まで運営されていたオンラインのダークウェブ違法薬物・マネーロンダリング市場「シルクロード」だろう。

ダークウェブでは、ユーザーはTorブラウザを使うことで追跡されることなく違法商品を売買し、ビットコインやその他の暗号通貨で不正な買い物をすることができる。これは、金融サービス・プロバイダーが口座開設時に顧客の情報を取得することを義務付けている米国の規制とは対照的である。金融機関は各顧客の身元を確認し、既知のテロ組織やその疑いのある組織のリストに掲載されていないことを確認することになっている。

このシステムは長所とも短所とも言える。誰でも金融口座にアクセスできるようになる一方で、犯罪者がより簡単に取引できるようになる。特に、ほとんどの違法行為が追跡不可能な現金を通じて行われている現状では、銀行口座を持たない世界の銀行取引など、暗号通貨の良い利用法は悪い利用法を上回ると多くの人が主張している。

規制

暗号通貨業界の多くは、暗号通貨に対する政府の規制について懸念を表明している。非中央集権的なネットワークが拡大するにつれ、ビットコインのようなものを終わらせることはますます難しくなり、不可能に近づいているが、政府は理論上、暗号通貨を所有したり、そのネットワークに参加したりすることを違法とする可能性がある。

この懸念は、PayPalのような大企業が電子商取引プラットフォームで顧客が暗号通貨を使用できるようにし始めているため、時間の経過とともに小さくなっている。

ブロックチェーンとは何か?

簡単に言えば、ブロックチェーンは共有データベースまたは台帳である。データの断片はブロックと呼ばれるデータ構造に格納され、各ネットワークノードはデータベース全体のレプリカを持つ。誰かが台帳のあるコピーのエントリーを編集または削除しようとしても、大多数がこの変更を受け入れないため、セキュリティが確保される。

ブロックチェーンの数は?

稼働中のブロックチェーンの数は、日々増加の一途をたどっている。2023年現在、ブロックチェーンに基づくアクティブな暗号通貨は23,000以上あり、暗号通貨以外のブロックチェーンも数百以上ある。

プライベート・ブロックチェーンとパブリック・ブロックチェーンの違いは?

パブリック・ブロックチェーンは、オープン・ブロックチェーンやパーミッションレス・ブロックチェーンとも呼ばれ、誰でも自由にネットワークに参加し、ノードを設立できるものです。オープンであるため、これらのブロックチェーンは暗号とプルーフ・オブ・ワーク(PoW)のようなコンセンサスシステムで保護されていなければなりません。一方、プライベートなブロックチェーンや許可制のブロックチェーンでは、各ノードが参加する前に承認される必要がある。ノードは信頼されていると考えられるため、セキュリティのレイヤーはそれほど強固である必要はない。

結論

ブロックチェーンは、その技術の実用的な応用がすでに数多く実装・検討されており、ビットコインや暗号通貨の影響もあって、ようやくその名を知られるようになった。全米の投資家の舌をうならせる流行語であるブロックチェーンは、ビジネスや政府の業務をより正確、効率的、安全かつ安価にし、中間業者を少なくする。

ブロックチェーンが誕生して3年目を迎えようとしている今、レガシー企業がこの技術に追いつくかどうかはもはや問題ではなく、いつ追いつくかが問題なのだ。今日、私たちはNFTの普及と資産のトークン化を目の当たりにしている。その結果、今後数十年間はブロックチェーンにとって重要な成長期となるだろう。

About the author
crypto

「ブロックチェーンとは?」への1件のフィードバック

コメントする