ビットコインは暗号資産ではない、SECが確認

ビットコインは暗号資産ではない、SECが確認

ビットコインの最大主義者、つまりビットコインが生まれながらにして価値を持つ唯一のデジタル資産だと信じている人に話を聞くと、世界最古の暗号通貨は実は「暗号資産ではない」と言われることが多い。

明らかに、ビットコインはデジタル通貨を創造する目的で、超安全な暗号の一種である暗号技術を使用した先駆者である。ビットコインは暗号資産の典型である。

しかし、ビットコインが誕生した2009年以降、デジタル資産市場がどのように進化してきたかを考えると、最大主義者がより一般的な用語から距離を置く理由は容易に理解できる。今日、何千もの模倣暗号が存在する。革新的な技術、つまりビットコインがいつかそのコードに取り込むかもしれないアルゴリズムで実験しているものがいくつかあるのは事実だが、大半は詐欺や一攫千金を狙ったものと見なすことができる。

この分野の多くの人々にとって、暗号は詐欺と搾取の婉曲表現になっており、サトシ・ナカモトが創造しようとした自律的なデジタルキャッシュとは正反対のものだ。

アメリカの金融規制機関である証券取引委員会(SEC)もこの懸念を共有しており、暗号界の悪徳業者から消費者を守ろうとしている。その主な武器は攻撃的な防御である。暗号が取引される取引所(デジタル市場)を攻撃することで、いかがわしい暗号の翼を切り取るのだ。先月SECがBinanceとCoinbaseを提訴したのはそのためだ。投機的な商品の売買が難しくなれば、消費者が損をすることも減るだろうと規制当局は期待している。

SECの戦略は、ほとんどの暗号通貨は「有価証券」、つまり営利企業の株式を売買できる金融商品に分類されるという主張に基づいている。そのため、暗号資産の取引を促進するいかなる企業も、米国証券法の正しい側にとどまるために、特定のフープを飛び越える必要がある。それを怠れば、訴訟や罰金、解散の可能性に直面する。

暗号資産取引所のスタッフは、この規制の地雷原を知り尽くしている。SECが公表した証拠によると、バイナンスの最高コンプライアンス責任者(CCO)は2018年、社内メッセージで「我々は米国で無免許の証券取引所として運営している」と憂慮した。

暗号が証券であるかどうかを証明するために、SECは1946年に連邦最高裁判所が設定した判例(具体的には、SEC対W.J.Howey Co)に依拠している。

いわゆるHoweyテストは、3つの条件が満たされた場合、「投資契約」は有価証券に相当するとしている:

  • (1)金銭の投資が行われること、
  • (2)投資が共同事業に対して行われること、
  • (3)他者の努力によって利益が得られるという期待があること

である。リップル・ラボに対するSECの最近の訴訟では、米連邦地裁がXRPトークンは取引所を通じて一般消費者に販売されても有価証券に該当しないと判断した(控訴が予想される)。しかし、裁判官は他の小規模なケースでも規制当局の味方をしている。

この問題はしばしば、創設者による暗号の普及と開発が「他者の努力」にあたるかどうかに集約される。トークンが比較的中央集権的であったり、時価総額が小さかったりし、トークンの背後にいるチームがトークンの価格を押し上げる能力について主張した場合、ハウイ・テストに合格する可能性が高い。

ビットコインは、世界で最も分散化された暗号であり、時価総額は他のすべての暗号を合わせたものとほぼ同じである。

「ビットコイン以外のすべての(暗号)資産は証券であると我々は信じている」と、SECは訴訟を起こす前にコインベースに言ったと思われる。

2023年7月31日に公開されたフィナンシャル・タイムズ紙のインタビューに答えたアームストロング氏は、規制当局の証券法の過激な解釈について反撃したことを振り返った。SECの反応について、彼はこう主張する: 「説明するつもりはない。ビットコイン以外のすべての資産を上場廃止にする必要がある」。

SECがビットコインを特別扱いするのは今回が初めてではない。2月、SECのゲーリー・ゲンスラー委員長はニューヨークマガジンにこう語った: 「ビットコイン以外のすべてのものについては、ウェブサイトを見つけることができ、起業家のグループを見つけることができる……これらの(他の)トークンは、真ん中にグループがあり、公衆はそのグループに基づいて利益を期待しているので、証券である”。彼の前任者であるジェイ・クレイトン氏は、2018年にCNBCに対し、ビットコインは「ソブリン通貨の代わり」として意図されているため、「証券ではない」と同様の論調を述べている。

ここで、規制当局がクリプトスフィアにおいてまだ足元を見極めていないことを認めるべきだろう。例えば、同じく米国の金融規制当局である商品先物取引委員会(CFTC)は、2021年の提出書類の中で、イーサ、ライトコイン、テザーも「証券ではなく商品」に該当すると述べている。

とはいえ、SECの弁護士たちは裁判を起こす前に、クリプトのデザインや流通について下調べをしているに違いない。そして少なくとも今のところ、彼らはビットコインが、そしてビットコインだけが、既得権益の支配を超えた自律的な通貨であり、分散型デジタルキャッシュの地位を獲得したと主張しているようだ。

About the author
crypto

コメントする