ブロックチェーン上のスマートコントラクトとは

ブロックチェーン上のスマートコントラクトとは?

スマートコントラクトは、合意や契約に必要なアクションを自動化する自己実行プログラムです。一度完了した取引は追跡可能で不可逆である。

スマートコントラクトは、中央当局や法制度、外部の強制メカニズムを必要とすることなく、信頼できる取引や合意を、異なる匿名の当事者間で実行することを可能にする。

ブロックチェーン技術は主にビットコインの基盤として考えられてきたが、仮想通貨を支えるだけでなく、はるかに進化している。

知っておくべきこと

  • スマートコントラクトは、2者間の契約に特有のアクションを自動化するスクリプトである。
  • スマートコントラクトには、法的な文言や条件、契約は含まれず、指定された条件が満たされたときにアクションを実行するコードのみが含まれる。
  • 1998年に「ビットゴールド」という仮想通貨を発明したアメリカのコンピューター科学者、ニック・サボ、 は、スマートコントラクトを、契約条件を実行するコンピュータ化された取引プロトコルと定義した。 ニック・サボ. “スマートコントラクト”.

スマート・コントラクトの歴史

スマートコントラクトは、ビットコインが登場する10年前の1998年に「ビットゴールド」と呼ばれる仮想通貨を発明したアメリカのコンピューター科学者、ニック・サボによって1994年に初めて提唱された。実際、Szaboはしばしば、匿名のビットコイン発明者である本物のサトシ・ナカモトではないかと噂されているが、本人は否定している。

Szaboはスマートコントラクトを、契約条件を実行するコンピュータ化された取引プロトコルと定義した。

彼は、POS(販売時点情報管理)のような電子取引手段の機能をデジタル領域に拡張したいと考えていた。

Szaboは論文の中で、デリバティブや債券などの合成資産に対する契約の実行も提案している。Szaboは、「これらの新しい証券は、証券(債券など)とデリバティブ(オプションや先物)をさまざまな方法で組み合わせることによって形成される。支払いのための非常に複雑な期間構造を…現在では標準化された契約に組み込むことができ、これらの複雑な期間構造をコンピューターで分析することにより、低い取引コストで取引することができる。”

スマート・コントラクトには、2者間の契約の法的な文言や条件は含まれていない。スマートコントラクトは、if/then文、関数、モジュールのインポート、その他契約で指定されたアクションを自動化するプログラミングを含むスクリプトである。
Szaboが論文で示した予測の多くは、ブロックチェーン技術に先行する形で現実のものとなった。例えば、デリバティブ取引は現在、そのほとんどが複雑な期間構造を用いたコンピューター・ネットワークを通じて行われている。

スマート・コントラクトの用途

スマート・コントラクトは契約を実行するため、さまざまな目的に利用できる。最も単純な用途のひとつは、商品の購入や配送など、2者間の取引を確実に行うことだ。例えば、原材料を必要とするメーカーはスマートコントラクトを使って支払いを設定し、サプライヤーは出荷を設定することができる。そして、2つの事業者間の合意次第では、出荷や納品時に自動的にサプライヤーに資金が振り込まれる可能性がある。

不動産取引、株式・商品取引、融資、コーポレート・ガバナンス、サプライチェーン、紛争解決、ヘルスケアなどは、スマート・コントラクトが利用できるほんの一例に過ぎない。

スマート・コントラクトの長所と短所

スマート・コントラクトの主な利点は、ブロックチェーン技術の利点と似ている。この技術のその他の利点は以下の通り:

  • 効率性: 契約実行のスピードアップ
  • 正確性: 人為的ミスが発生しない
  • 不変性: プログラミングを変更できない

スマートコントラクトの欠点は以下の通りです:

  • 永続的: 間違いがあっても変更できない
  • 人的要因: プログラマーに依存し、コードが契約条件に対応しているか確認する必要がある。
  • 抜け穴: コーディングに抜け穴があり、悪意を持って契約が実行される可能性がある。

スマート・コントラクトの例とは?

スマート・コントラクトの最も単純な例は、消費者と企業間の取引である。スマートコントラクトは、顧客からの支払いと事業者からの出荷または所有権の移転を実行する。

スマートコントラクトを持つブロックチェーンとは?

イーサリアムはそのブロックチェーンにスマートコントラクト機能を内在している。ビットコインのブロックチェーンは、Taprootのアップグレード後にスマートコントラクト機能を獲得し、ブロックチェーン上でスマートコントラクトを有効にしているレイヤーと通信できるようになった。

スマートコントラクトとは何か?

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上のアプリケーションで、取引の各サイドがそれぞれの役割を完了するようにするものだ。例えば、スマートコントラクトは第三者との資金移動を開始し、送金が行われたことを検証することができる。

結論

スマートコントラクトはブロックチェーンに書き込まれるコードであり、チェーンの外側から合意や契約の条件を実行する。スマートコントラクトは、契約の当事者間で完結するはずのアクションを自動化するため、当事者同士がお互いを信頼する必要がなくなる。

About the author
crypto

「ブロックチェーン上のスマートコントラクトとは」への1件のフィードバック

コメントする