イーサリアムとは何か?

イーサリアムとは何か?

イーサリアムとは、ブロックチェーン技術を核とした分散型グローバル・ソフトウェア・プラットフォームです。イーサリアムは、そのネイティブ暗号資産であるイーサ(ETH)で最もよく知られています。

イーサリアムは、セキュリティで保護されたデジタル技術を作成するために誰でも使用することができます。イーサリアムには、ブロックチェーンをサポートする作業に対する支払いを目的としたトークンがあるが、参加者は、受け入れられれば、有形財やサービスの支払いにも使用できる。

イーサリアムはスケーラブルでプログラマブル、セキュアで非中央集権的であるように設計されている。イーサリアムは、多くの産業や私たちの日常生活のあり方を変えるために、開発者やそれをベースとした技術を開発する企業に選ばれているブロックチェーンです。

分散型アプリケーションの背後にある重要なツールであるスマートコントラクトをネイティブにサポートしている。

多くの分散型金融(DeFi)やその他のアプリケーションは、ブロックチェーン技術と組み合わせてスマートコントラクトを使用しています。

イーサリアムとそのトークンETHについて、そしてそれらが非ファンジブル・トークン、分散型金融、分散型自律組織、メタバースに不可欠な要素であることを学んでください。

ポイント

  • イーサリアムは、暗号資産イーサ(ETH)で最もよく知られるブロックチェーンベースのプラットフォームである。
  • イーサリアムを支えるブロックチェーン技術により、安全なデジタル台帳を公に作成・維持することができる。
  • ビットコインとイーサリアムには多くの類似点があるが、長期的なビジョンや限界は異なる。
  • イーサリアムは2022年9月にプルーフ・オブ・ワークからプルーフ・オブ・ステークに変更された。
  • イーサリアムは、ブロックチェーンに基づく多くの新たな技術的進歩の基盤となっている。

イーサリアムの仕組み

イーサリアムを考案したとされるヴィタリック・ブテリンは、2014年にイーサリアムを紹介するホワイトペーパーを発表した。

イーサリアム・プラットフォームは、ブテリンとブロックチェーン・ソフトウェア企業ConsenSysの創設者であるジョー・ルービンによって2015年に立ち上げられた。

イーサリアムの創設者たちは、単に安全な仮想決済手段を実現するだけでなく、ブロックチェーン技術の可能性を全面的に検討した最初の一人であった。

イーサリアムの登場以来、暗号通貨としてのイーサーは時価総額で第2位の暗号通貨にまで上昇した。ビットコインに次ぐ規模である。

ブロックチェーン技術

イーサリアムと他のイーサリアムベースの製品は、他の暗号通貨と同様に、ブロックチェーン技術を含んでいる。非常に長いブロックチェーンを想像してほしい。各ブロックに含まれるすべての情報は、新しく作成されるブロックごとに新しいデータとともに追加される。ネットワーク全体を通じて、ブロックチェーンの同一のコピーが配布される。

このブロックチェーンは、取引情報の有効性についてコンセンサスを得る自動化されたプログラムのネットワークによって検証される。ネットワークがコンセンサスに達しない限り、ブロックチェーンに変更を加えることはできない。そのため非常に安全である。

コンセンサスは、一般的にコンセンサスメカニズムと呼ばれるアルゴリズムを用いて達成される。イーサリアムはプルーフ・オブ・ステーク・アルゴリズムを採用しており、バリデータと呼ばれる参加者のネットワークが新しいブロックを作成し、そのブロックに含まれる情報を共同で検証する。ブロックには、ブロックチェーンの状態に関する情報、アテスト(バリデータの署名とブロックの有効性に関する投票)のリスト、トランザクションなどが含まれる。

2022年9月中旬、イーサリアムは、プルーフ・オブ・ワーク・モデルよりも安価で環境に優しいプルーフ・オブ・ステーク・アルゴリズムに正式に切り替えた。

プルーフ・オブ・ステーク・メカニズム

プルーフ・オブ・ステークがプルーフ・オブ・ワークと異なる点は、ブロックを検証するためにマイニングと呼ばれるエネルギー集約型のコンピューティングを必要としない点である。Casper-FFGと呼ばれるファイナライゼーション・プロトコルとLMD Ghostと呼ばれるアルゴリズムを使用し、Gasperと呼ばれるコンセンサス・メカニズムと組み合わせてコンセンサスを監視し、検証者がどのように報酬を受け取るか、または不正を行った場合に罰せられるかを定義する。

ソロのバリデーターは、バリデーション能力を有効にするために32ETHをステークしなければならない。個人はより少額のETHをステークできるが、バリデーションプールに参加し、報酬を共有することが求められる。バリデーターは新しいブロックを作成し、アテステーションと呼ばれるプロセスで情報が有効であることを証明します。アテステーションでは、そのブロックが委員会と呼ばれる他のバリデーターにブロードキャストされ、委員会はそのブロックを検証し、その有効性に投票します。

不正行為を行ったバリデータは、プルーフ・オブ・ステークにより罰せられる。ネットワークを攻撃しようとする検証者はGasperによって特定され、Gasperは検証者の投票に基づいて受け入れるべきブロックと拒否すべきブロックを特定する。

不正なバリデータは、ステークしたETHを燃やされ、ネットワークから削除されることで罰せられる。焼却とは、鍵のないウォレットに暗号を送り、流通から外すことを指す。

ウォレット

イーサリアムの所有者は、ウォレットを使ってエーテルを保管する。ウォレットとは、ブロックチェーン上に保管されているイーサにアクセスするためのデジタルインターフェースである。ウォレットにはアドレスがあり、電子メールのようにエーテルを送ることができる。

イーサは実際にはウォレットに保管されていません。ウォレットには、取引を開始するときにパスワードのように使用する秘密鍵が保管されています。所有するエーテルごとに秘密鍵を受け取ります。この鍵はあなたのエーテルにアクセスするために不可欠です。そのため、さまざまな保管方法を使った鍵の保護についてよく耳にするのです。

歴史的な分裂

イーサリアムの歴史の中で特筆すべき出来事は、イーサリアムとイーサリアムクラシックのハードフォーク(分裂)です。

2016年、ネットワーク参加者のグループがイーサリアムのブロックチェーンの過半数を掌握し、The DAOと呼ばれるプロジェクトのために集められた5,000万ドル以上のETHを盗みました。

この襲撃の成功は、新しいプロジェクトにサードパーティの開発者が関与していたことに起因する。イーサリアムコミュニティの大半は、既存のイーサリアムのブロックチェーンを無効にし、修正された履歴を持つブロックチェーンを承認することで、盗難を取り消すことを選択した。

しかし、一部のコミュニティはイーサリアムのブロックチェーンのオリジナルバージョンを維持することを選択しました。その変更されていないバージョンのイーサリアムは永久に分裂し、暗号通貨イーサリアムクラシック(ETC)となった。

イーサリアムとビットコインの比較

イーサリアムはしばしばビットコインと比較される。この2つの暗号資産には多くの類似点があるが、いくつかの重要な相違点もある。

イーサリアムは創設者や開発者によって「世界のプログラム可能なブロックチェーン」と表現され、多くのアプリケーションを持つ電子的でプログラム可能なネットワークと位置づけられている。

対照的に、ビットコインのブロックチェーンはビットコイン暗号通貨をサポートするためだけに作られた。
イーサリアム・プラットフォームは、ブロックチェーン技術を多くの多様なアプリケーションに活用するという幅広い野心を持って設立された。ビットコインは決済手段としてのみ設計された。

流通可能なビットコインの最大数は2100万枚である。

ETHのブロック処理にかかる時間により、毎年鋳造できるETHの量は制限されるが、作成できるETHの量は無制限である。

イーサリアムコインの流通枚数は1億2200万枚以上。

イーサリアムとビットコインのもう一つの大きな違いは、それぞれのネットワークが取引処理手数料をどのように扱っているかという点である。イーサリアムネットワークではガスと呼ばれるこれらの手数料は、イーサリアム取引の参加者が支払う。ビットコイン取引に関連する手数料は、より広範なビットコインネットワークによって吸収される。

イーサリアムは2022年9月現在、プルーフ・オブ・ステークというコンセンサスメカニズムを採用している。ビットコインはエネルギー集約型のプルーフ・オブ・ワーク・コンセンサスを採用しており、マイナーが報酬を奪い合う必要がある。

イーサリアムの将来

イーサリアムのプルーフ・オブ・ステーク・プロトコルへの移行は、イーサリアムプラットフォームの重要なアップグレードの一部です。以前はEth2と呼ばれていたこのアップグレードは、現在ではイーサリアムとだけ呼ばれている。しかし、イーサリアムには現在2つのレイヤーがあります。最初のレイヤーは実行レイヤーで、トランザクションと検証が行われる。第2層はコンセンサス層で、認証とコンセンサスチェーンが維持される。

このアップグレードは、イーサリアムの成長をサポートするためにイーサリアムネットワークに容量を追加するもので、最終的にはガス料金を押し上げている慢性的なネットワークの混雑問題に対処するのに役立つだろう。

スケーラビリティに対応するため、イーサリアムは “シャーディング “の開発を続けている。シャーディングはイーサリアムのデータベースをネットワーク間で分割する。このアイデアはクラウド・コンピューティングに似ており、計算時間を短縮するために多くのコンピュータがワークロードを処理する。これらの小さなデータベースセクションはシャーディングと呼ばれ、シャーディングはETHをステークした人々によって作業される。シャードは、より多くのバリデーターが同時に作業することを可能にし、シャーディング・コンセンサスと呼ばれるプロセスを通じて、コンセンサスに達するのに必要な時間を短縮する。

WEB3.0

Web3はまだコンセプトの段階だが、開発中のアプリケーションの多くがイーサリアムを使用しているため、一般的にはイーサリアムが搭載されるとの説が有力だ。

ゲームでの利用

イーサリアムはゲームやバーチャルリアリティにも導入されている。Decentralandは、イーサリアムのブロックチェーンを使用して、その世界に含まれるアイテムを保護する仮想世界です。土地、アバター、ウェアラブル、建物、環境はすべてブロックチェーンを通じてトークン化され、所有権が生まれる。

Axie Infinityもブロックチェーン技術を使ったゲームで、Smooth Love Potion(SLP)という独自の暗号通貨があり、ゲーム内の報酬や取引に使われている。

非代替性トークン

2021年、非代替性トークン(NFT)が人気を博した。NFTはイーサリアムを使用して作成されたトークン化されたデジタルアイテムである。

一般的にトークナイゼーションは、あるデジタル資産にそれを識別する特定のデジタルトークンを付与し、ブロックチェーン上に保存します。

暗号化されたデータには所有者のウォレットアドレスが格納されるため、これにより所有権が確立される。NFTは取引や売却が可能で、ブロックチェーン上の取引とみなされます。取引はネットワークによって検証され、所有権が移転されます。

NFTはあらゆる種類の資産のために開発されている。例えば、スポーツファンは自分の好きな選手のスポーツトークン(ファン・トークンとも呼ばれる)を購入し、トレーディングカードのように扱うことができる。このようなNFTの中には、トレーディングカードに似た写真や、スポーツ選手のキャリアの中で記憶に残る、あるいは歴史的な瞬間のビデオもあります。

ウォレットやdApp、仮想世界や訪問する建物など、メタバースで使用するアプリケーションはイーサリアム上で構築されている可能性が高い。

DAOの発展

分散型ネットワーク全体で意思決定を行うための協調的な手法であるDAO(Decentralized Autonomous Organizations)が開発されている。

例えば、ベンチャーキャピタルファンドを作り、資金調達によって資金を集めたが、意思決定は分散化され、分配は自動的で透明性のあるものにしたいと想像してほしい。

DAOはスマートコントラクトとアプリケーションを使ってファンドメンバーからの投票を集め、グループの過半数の投票に基づいてベンチャー企業を買収し、リターンを自動的に分配することができる。取引はすべての関係者が見ることができ、資金の取り扱いに第三者が関与することはない。

暗号通貨が将来的にどのような役割を果たすかは、まだ漠然としている。しかし、イーサリアムは、個人や企業の財務、そして現代生活のさまざまな側面において、今後重要な役割を果たすと思われる。
イーサリアムの購入方法
投資家は、イーサを売買するために最高の暗号通貨交換プラットフォームの1つを使用することができます。イーサリアムは、Coinbase、Kraken、Gemini、Binance、およびRobinhoodのような証券会社を含む専用の暗号取引所でサポートされています。

イーサリアムFAQ?

イーサリアムの今後は?

上記で記した通りに今でもビットコインと2大巨頭と言っていいでしょう。なので色々な仕組みの中心になっており無くなることの可能性は少ないですし関わった人が見捨てない限り続くのではないでしょうか。

イーサリアムはどのように儲けるのか?

イーサリアムは中央集権的な組織ではありません。イーサリアムのネットワークに参加するバリデーターは、その貢献に対してETHの報酬を得ます。

イーサリアムは良い投資ですか?

他の投資と同様に、その答えはあなたの財務目標、目標、リスク許容度によって異なります。暗号通貨ETHはボラティリティが高く、資本をリスクにさらす可能性があります。しかし、イーサリアムを使用するさまざまな既存および新興の革新的な技術は、将来的に私たちの社会でより大きな役割を担う可能性があるため、投資として研究する価値があることは確かです。正しい投資戦略を立てるために、暗号通貨取引コースの受講を検討してみてください。

イーサリアムは暗号通貨ですか?

イーサリアムのプラットフォームには、イーサ(ETH)として知られるネイティブ暗号通貨があります。イーサリアム自体は、暗号通貨を含む幅広い分散型アプリケーション(dApps)をサポートするブロックチェーン技術プラットフォームです。ETHコインは一般的にイーサリアムと呼ばれているが、イーサリアムはブロックチェーンを動力とするプラットフォームであり、エーテルはその暗号通貨であるという区別は残っている。

イーサリアムは現金に換金できますか?

暗号通貨ETHを保有している投資家は、Coinbase、Kraken、Geminiなどのオンライン取引所を利用することができます。取引所に口座を開設し、銀行口座をリンクし、イーサリアムのウォレットから取引所の口座にETHを送金するだけです。取引所でETHの売り注文を出す。そして売却したら、リンクした銀行口座に米ドルの代金を送金する。

暗号通貨やイニシャル・コイン・オファリング(ICO)への投資は非常にリスクが高く投機的であり、本記事はインベストペディアや筆者が暗号通貨やICOへの投資を推奨するものではありません。また、本記事は、インベストペディアや筆者が暗号通貨やICOへの投資を推奨するものではありません。インベストペディアは、本記事に含まれる情報の正確性または適時性について、いかなる表明も保証も行いません。

About the author
crypto

「イーサリアムとは何か?」への3件のフィードバック

コメントする